格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

  • TOP
  • スマホ
  • キャリアと格安SIMの2台持ちで 価格もサービスもお得に活用する

キャリアと格安SIMの2台持ちで 価格もサービスもお得に活用する

2018年04月05日

2台持ちはキャリアのサービスと格安SIMの安さの良いとこ取り

「SIMフリー元年」と呼ばれた2015年以降、隆盛を見せている格安SIM。キャリアも継続して新たなプランやサービスを続々と展開してはいるが、これまでその存在をほぼ知られていなかった格安SIMが、テレビCMやWebの広告などにより認知度を一気に広めたのは記憶に新しい。

そんな状況なので、実際にキャリアから格安SIMへ乗り換えを検討している人、またすでに乗り換えた人も決して珍しくはないだろう。

 

しかし、ただ格安SIMに乗り換えるだけが、月々の通信費をお得にする方法というわけではない。たしかに純粋なデータ通信のプラン料金を比較すれば格安SIMよりキャリアの方が断然高いが、キャリアにはキャリアにしかないサービスも数多く存在する。そうしたサービスも引き続き利用しつつ、通信費も安くしたいという人は、ぜひキャリアと格安SIMの2台持ちを視野に入れてみてはいかがだろうか。

 

ここではどのように活用すればお得になるのか、その方法を解説していこう。

 

なお、2台持ちのポイントはキャリアのサービスやサポートが受けられるという部分にあり、純粋な料金だけで言うと、基本料金は格安SIMを1台で使う方が安い点には先に触れておく。

通話はキャリアで データ通信は格安SIMを活用

キャリアと格安SIMの2台持ちでお得に活用するために、最初にそれぞれの特徴を改めて確認しておこう。

まずはデータ通信料だが、キャリアと比べて格安SIMはかなり安い。キャリアは2GBで3500円程度かかる一方で、格安SIMの音声通話プランだと1GB多い3GBでも1500円程度となっている。さらにデータ専用プランになると、900円程度まで値段が下がる。データ通信に関しては、圧倒的に格安SIMがお得だと言えるようだ。

 

次に通話料金についてだが、これは毎月どれだけ通話するかによって金額は大きく変わる。というのも、キャリアは完全かけ放題を提供しているため、通話料金は定額というイメージが強い。対して格安SIMは一部のMVNOを除き完全かけ放題を提供しておらず、時間制限ありのかけ放題があるとはいえ、基本的に通話料金は20円/30秒の従量制。そのため、通話する時間が長い人ほど、キャリアの方がお得になるというわけだ。

 

では、実際に2台持ちの運用について紹介していくが、やはりもっともオーソドックスなパターンとなるのは、キャリアスマホは通話専用、格安SIMはデータ通信専用と使い分けることだろう。

まずは具体的な料金について確認していこう。

 

ドコモで普通にスマホを使った場合、

通話料金(かけ放題):2700円

データ通信料(5GB):5000円

インターネット接続サービス:300円

という契約で、月額合計8000円となる。



対して2台持ちの場合、通話をドコモ、データ通信をDMM mobileで計算すると、

通話料金(かけ放題):2700円

データ通信料(5GB):1210円

という契約で月額合計は3910円。ドコモ単体で使ったときと比べると、4090円も安くすることができる。

これだけ安くなりながら、キャリアならではの完全かけ放題も利用可能という、双方の良いとこ取りできるところが2台持ちの最大のメリットと言える。

 

なお、キャリアスマホを通話専用機として捉えた場合、スマホではなくガラケーで運用するという選択肢もある。料金のみで考えると、実はガラケーのかけ放題は500円安い2200円。スマホであればWi-Fiなどを利用していざというとき通話以外の用途にも利用することが可能だが、通話さえできればいいという人は、ガラケーと格安SIMの2台持ちも検討してみると良いだろう。

2台持ちにしかできない お得な運用方法はまだまだある!

料金がお得になること以外にも、2台持ちをオススメする理由はたくさんあるので、いくつか紹介していこう。

 

まず1つ目は、仕事用とプライベート用での使い分けだ。職種によっては、手持ちの端末で頻繁に通話する必要がある人もいるだろう。そんな人は2台に分けることで、タスクを整理させることができる。加えて、プライベートの連絡先を仕事で使いたくないという人にも最適な手段だと言える。

そのほか、仕事とプライベートではなく、用途による使い分けも可能。たとえば、負荷の大きいスマホゲームを頻繁にプレイする人は、片方を高性能な機種にし、ゲーム用端末として運用するのもアリだ。

 

2つ目は、アカウントやデータの同期・共有を手軽に行えるということ。特にiPhoneを2台使う場合は、主なサービスはiCloudで一括管理できるので、大変便利だ。



3つ目はモバイルルーターの代わりに、1台をテザリング用端末として運用するという方法。モバイルルーターを使うとそれ以外の使い道がなくなってしまうが、スマホのテザリングであれば、メイン端末の充電が切れた場合などに、スマホとしても活用することが可能だ。

また、スマホ1台持ちでテザリングを使っていると、使いすぎて普段の使用にも支障をきたしてしまう恐れがある。しかし、テザリング専用としてもう1台持っておくことで、メイン端末のデータ容量を消費するということがなくなるのだ。

 

4つ目は多くの人がそのシーンを想像できるであろう、通話中に調べ物ができるというメリット。通話中の端末でそのまま調べ物をするのはなかなかハードルが高いが、そこにもう1台あることで、Web検索やスケジュール、マップの確認まで簡単に操作可能だ。

 

そのほか、格安SIM×格安SIMの2台持ちという運用方法もある。2台持ち自体のメリットは上記で述べたようなものだが、もしそれほど通話を行わないのであれば、2台とも基本料金の安い格安SIMにしてしまっても良いだろう。

その際、同じMVNOのシェアプランで契約すれば、別々のMVNOで契約するよりも、さらにお得に運用することが可能となる。

2台持ちのデメリットは シンプルに手間が2倍になること

ここまで2台持ちの良いところばかりをお伝えしてきたが、メリットしか存在しないというものはなかなかなく、反対にデメリットも存在する。

 

まず当然の話ではあるが、スマホを2台用意する必要があるので、その分の料金は発生してしまう。通話専用の端末はスペックを必要としないため安い中古にするなど、用途を考えて用意すると良いだろう。また、以前使っていた端末が余っているなら、それを活用することも可能だ。

 

ほかには、2台持ち歩くのが面倒というのもある。1台持ちに慣れていると、追加の1台が思ったより邪魔に感じたりする可能性もあるので注意したい。

同じく手間の話をすると、充電も2台分行わなければならない。せっかくの2台持ちなのに、片方は充電していなかった……なんて事態は避けたいところだ。

 

相手の連絡先の管理が面倒になるのも、2台持ちの弊害だろう。というのも、通話とデータ通信で使い分けている場合、相手の電話番号は通話専用のスマホに、LINEやメールアドレスはデータ通信専用のスマホにそれぞれ登録しなければならない。純粋に作業が2倍になるのは、スマホの数が2倍なのだから仕方ないとはいえ、大きな手間だと言えるだろう。

 

このように、2台持ちには確かにデメリットも存在する。とはいえ料金の面でもサービスの面でも、さまざまなメリットがあるのもまた事実だ。

これまでスマホなど通信端末は1台だけ持つのが当たり前だと思ってきた人も多いと思う。だが、2台持ちには1台のときには絶対できなかった便利な運用方法がたくさんある。今後格安SIMへ乗り換える際は、ただ乗り換えるだけではなく、2台持ちの可能性についてもぜひ検討してみてほしい。

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項