格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホの選び方

2017年11月10日

格安スマホが欲しくなったら、まずは選び方から知っておきましょう。料金プランや機種の情報など、格安スマホの選び方の全てがわかります。

格安スマホはどこで購入する?

<全国展開している実店舗の多いMVNOなら直接見て選べる>
格安スマホは基本的にはインターネットの公式サイトからの契約がメインです。直接相談しながら購入したい人は、実店舗のあるMVNO(イオンモバイルや楽天モバイルなど)を選ぶと良いでしょう。店舗数で比べると、Y!mobileが圧倒的で約4,000以上の店舗があります。次いでUQモバイル(約2,770店舗)、FREETEL(全国600店舗以上)、イオンモバイル(全国200店舗以上のイオン)となっています。
また、購入時に確認したいポイントとして、スマホにトラブルが発生した時のために、補償オプションがあるかどうかも重要です。公式サイトで質問ができるMVNOや、端末の補償が充実しているところもあります。水没や落下などで故障したときの補償など、どのようなサポートが受けられるのか確認しておきましょう。

<中古でスマホを購入するときの注意点>
格安スマホの契約方法の一つとして、SIMのみ契約する方法があります。
この場合、端末は自分で用意することになりますが、中古でスマホを購入する場合に注意すべきことがあります。
そのひとつが、分割ローンが未完済の中古スマホ端末かどうか、盗難など不正に入手された端末ではないかです。そういった端末は、キャリアによってネットワーク制限がかけられている赤ロムと呼ばれるものが多く、購入しても通信ができない場合があります。実際中古スマホショップでは「赤ロム保証」と言われる、赤ロムの場合に交換などに応じてくれる独自の保証を設けていることも多いですが、購入前の確認ポイントとして必ず抑えておきましょう。

端末代がお得なSIMとスマホのセット契約

MVNOによっては、格安SIMと端末をセットにしているところもあります。

<Y!mobile>
iPhone SE(32GB)の端末を購入する場合は、月額2,160円の割引が適用となるプランがあり、端末代65,340円が実質13,500円となります。こちらは、プランM月額2,980円(6GB)でMNP転入であること、さらに2年間の継続利用が条件となっています。

<UQモバイル>
プランM月額1,980円またはプランL月額4,980円の契約及び2年の継続利用が条件で端末とのセット割が提供されています。セット購入する事でマンスリー割が適用され、毎月1,404円割引となるので、例えばHUAWEI P10 liteの場合、端末代金33,804円が実質108円になります。

<IJmio>
端末分割代金と3GB音声SIM、1回3分まで通話無料の定額通話がセットになった「コミコミセット」が月額1,880円から提供されています。分割での端末の支払いが完了した3年後には、ネットとかけ放題のみの支払いとなるため、月額料金が安くなります。最低利用期間は利用開始日の翌月末までなものの、音声SIMカードを1年以内に解約する場合には、最低利用期間後であっても利用月数に応じて解除料金が発生します。選べるスマホは6種類あり、月額2,480円のセット端末では、「HUAWEI P10 lite」「富士通 arrow M04」 。月額1,880円のセット端末では、「HUAWEI nova lite」、「VAIO Phone A」が選択できます。

端末の価格はどれくらい?

参考までにいくつかの端末価格をご紹介します。

<HUAWEI P10 lite>
2017年6月9日に発売された「HUAWEI P10 」の廉価版で、公式サイトの価格は29,980円となっています。メモリは3GBで、高性能カメラを搭載したモデルです。OCNモバイルONEでは分割ローン25,200円、一括23,800円です。docomoのSIMとSIMフリーに対応しています。

<富士通 arrow M04>
2017年7月20日発売のモデルです。防水や防塵、おサイフケータイの機能などが搭載されています。mineoは31,800円、楽天モバイルでは34,800円です(分割、一括ともに同じ価格)。楽天モバイルは、スーパーホーダイの3年契約で端末代が、20,000円の割引となります。docomoSIM、auSIM、SIMフリーに対応しています。

<HUAWEI nova lite>
2017年2月24日に発売された、メモリ3GBかつ指紋認証に対応したモデルです。OCNモバイルONEでは一括16,800円、分割ローン18,000円となっています。docomoSIMとSIMフリーに対応しています。

<VAIO Phone A>
2枚のSIMが使用できるデュアルSIM・デュアルスタンバイ対応です。インターネット価格21,197円、IIJmioでは一括16,800円、分割17,400円です。

いかかでしたでしょうか。
スマホ端末の価格は日々変動し、プランによって割引価格が異なる場合もあります。時期によって在庫が少なくなることもあるので、各ウェブサイトで最新情報をチェックしましょう。

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項