格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

  • TOP
  • スマホ
  • 格安スマホに移行するならAndroidとiPhoneどちらを選ぶべき?

格安スマホに移行するならAndroidとiPhoneどちらを選ぶべき?

2018年01月27日

格安スマホへの移行と同時に、スマホも買い替えようという方は多いでしょう。そんなとき、まず分かれ道となるのがAndroidにするかiPhoneにするかです。どちらもよく競合し、甲乙つけがたいのが現状ではないでしょうか。そこでここでは、格安スマホに移行するときにAndroidとiPhoneのどちらを選ぶべきかについてお話します。

iPhoneのメリット

iPhoneとAndroidの違いは機種の違いでもありますが、OSの違いでもあります。iPhoneではiOSが内蔵され、アプリはiOSに対応したタイプしか使用できません。ただ、人気のアプリともなれば、iPhoneとAndroid両方に対応しているものがほとんどです。その点は、あまり心配することはないでしょう。

 

・バッテリーの安定性

スマホを使っていると気になるのが、バッテリーの持ちです。肝心なときに、バッテリーが切れてしまうのは困ります。安定的にバッテリー持ちがよいスマホというと、iPhoneに軍配があがります。

 

iPhoneのバッテリー持ちが安定している理由は、使用していないアプリをバックグラウンドで制御できることに関係しています。Androidの場合は、使用していないアプリもバックグラウンドで稼働していることが多いです。

 

また動作によって、起動ボタンなどが自動的にオン/オフされる点も電池の持ちに関係しているでしょう。最新機種のiPhone Xでは1回の充電によるバッテリー駆動時間も従来のタイプより長くなっているため、さらにバッテリーの持ちは向上しています。


・Touch IDの快適性

iPhoneには、指紋認証が行えるTouch IDが搭載されています。指紋によってロック解除ができ、入力の手間やパスコードの暗記を省けるうえに防犯にもなります。Android機種の一部にも搭載されていますが、パイオニア的なiPhoneのTouch IDは精度も確実です。

 

・カメラの操作性

一般的なAndroid機種より画素数が低めにもかかわらず、iPhoneのカメラは操作しやすいと好評です。普段カメラを使い慣れていない人でも、簡単に見応えのある写真が撮れるのはiPhoneならではといってよいでしょう。

 

・複雑な操作が不要

iPhoneは、操作が単純なことが特徴です。素人に理解できない操作はさせないというAppleのポリシーを感じます。直感的に操作できることがiPhoneの魅力です。

 

・先読みさせてくれる3D Touch

AndroidにはないiPhoneの機能に、3D Touchがあります。各種コンテンツを開く前にプレビューできる機能で、軽くプレスするPeekと深めにプレスするPopの操作で成り立っています。Peekでプレビューをして開いて見たいと思ったら、Popをすればよいわけです。この機能により、忙しいときに必要なコンテンツだけチェックすることができます。

 

・顔をパスワードにできるFace ID

指紋認証に続き、iPhone Xでは顔認証が可能になっています。顔認証でロック解除ができるほか、Apple Payでの支払いも行えます。精度が高く、スピーディーに認証されると評判で、暗さや明るさにも影響を受けず顔の変化にも対応できるのが特徴です。

 

・バックアップの精度

iPhoneは、Androidよりも復元機能が優れています。バックアップして復元すると、前と全く同じ状態になる性能は、iPhoneがリードしているようです。

 

・音楽の管理が直感的

iPhoneで音楽を管理するときには、iTunesを利用することになります。iTunesは直感的な操作が特徴で、整理整頓に優れているなどのメリットがあります。パソコンやiPod、iPadなどと一括管理するにも便利です。

Androidのメリット

Androidを搭載した機種は、さまざまなスマホメーカーから発売されています。そのため、iPhoneとの比較は単純にはできません。機種によってはiPhoneと互角のAndroidもありますし、デザインが気に入って使用したいAndroidの機種もあるでしょう。その点も加味しながら、Androidのメリットについて見ていきましょう。

 

・ジェスチャーアプリの充実

いつも使うアプリを毎回ホームから起動するのは、面倒です。Androidのジェスチャーアプリを使うと、文字や記号をなぞるだけで簡単に使いたいアプリが起動します。例えば、液晶画面上で「G」をなぞるとメールアプリが起動するといった具合です。iPhoneにはない機能ですから、この点はAndroidが優れています。

 

・戻るボタンの簡便性

Androidでは、いつでも「戻る」ボタンを押すことで前画面に戻れます。iPhoneでは「戻る」ボタンがアプリに依存しているため、アプリによっては使い勝手が悪いこともあるでしょう。

 

・画面分割で2つのアプリを同時利用

Androidのマルチウィンドウ・マルチタスクでは、1つの画面を2つに分割して別々のアプリを利用できます。例えば、お店を調べながら地図で場所をチェックする、動画を見ながら検索するなどの操作ができるのです。

 

・スリープ機能の簡易性

ディスプレイをタップすることでスリープモードに移行します。iPhoneにも似たような機能はありますので、Androidの操作の仕方と好みで選ぶとよいでしょう。

 

・電子マネーを一括管理

日本ならではの便利な携帯・スマホ機能に、電子マネーがあります。iPhoneは電子マネーで後れをとっていたのですが、現在ではiPhoneでも導入されています。ただ、Androidほどの多彩な電子マネーの管理には、まだ追いついていません。

 

・音質の良さ

機種にもよりますが、Androidの音質がiPhoneより優れていると評価する音楽好きもいます。パソコンからの音楽ダウンロードが簡単という意見もあり、音楽をよく聴く人にとっては慎重に比べたいポイントです。

世界シェアはどちらが高め?

iPhoneとAndroidで比べると、OSのシェアは圧倒的にAndroidが優勢です。これは、中国製の端末シェアが伸びていることも影響しています。iPhoneと比べて、Androidは各メーカーから多様な機種が発売されています。それでも日本では、iPhoneが比較的安価に手に入ることもあってAndroidのシェアを上回っているのです。

 

また、ドイツではAndroidのシェアが圧勝、イギリスではわずかにAndroidのシェアが大きいなど、国によっても傾向が違います。

 

 

iPhoneとAndroidを比較するのは単純にはいかず、両方使っているという人も少なくありません。格安スマホを利用する際は、両者の特徴やメリットを比較して選んでみてください。

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項