格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

  • TOP
  • スマホ
  • 緊急地震速報に対応するSIMとそうでないSIMの違いとは?

緊急地震速報に対応するSIMとそうでないSIMの違いとは?

2018年03月06日

格安SIMは、スマホをお得に利用できることから多くの人に普及しつつあります。しかし、緊急地震速報などの緊急速報を受信できるか否かといった点で、大手キャリアと異なる場合があるのです。

では、格安SIMを利用したスマホにおける緊急速報の受信事情とはどのようなものでしょうか。また、自分が持っているスマホ端末が緊急速報を受信できなかった場合の対処法も含めて紹介していきます。

格安SIMでは緊急地震速報を受信できないケースがある

格安SIMを利用したスマホでは、多くの場合は緊急地震速報などを受信できます。しかし一部の格安スマホでは、緊急速報を受信しないこともあるのです。ただし、格安SIM提供会社(MVNO)の契約によって受信できる・できないが変化するわけではありません。緊急速報の受信の可否は、利用している端末の仕様によるのです。

 

大手キャリア3社で購入した端末であれば、ほぼ問題なく緊急速報を受信することが可能です。これは、大手キャリアの端末は緊急速報を強制的に受信する仕様を搭載して製造されているためです。

 

しかし、MVNOが販売する端末には大手キャリアのような仕様が組み込まれていない場合があるため、緊急速報を受信できないケースが出てくるのです。ただし、MVNOで購入した端末の中でiPhoneに関しては、緊急速報の受信に対応しています。

 

また、緊急速報メールを受信できないといっても、すべてもが受信不可というわけではありません。緊急地震速報や津波警報などの情報などは、基本的にどのような端末でも受信できることが報告されています。

 

しかし、自治体が発信する台風や大雨などの防災情報、他国からのミサイル発射などを告げるJ-アラートといったものに関しては受信できないものが多いというデータがあるのです。

 

では、これらの緊急速報について受信できる場合とできない場合が出るのはなぜでしょうか。その詳細については、以下の章で説明します。

緊急地震速報などの受信の仕組み

緊急地震速報などの速報を不特定多数の端末に送信するためには、通常のメールやSMSの信号と異なるシステムを利用することが求められます。それを実現するのが、ETWS(Earthquake Tsunami Warning System)の信号です。

 

これは、世界的な通信規格であるLTEなどを策定した3GPP(Third Generation Partnership Project)によって標準化された規格です。ただし、同じETWSでも緊急地震速報や津波警報の信号と自治体の防災情報、J-アラートの信号は異なるのです。

 

緊急地震速報や津波警報の信号はほとんどの端末で受信できますが、その他の信号に非対応の仕様となっている端末では、J-アラートや自治体からの情報を受信できません。さらに、上記のように受信環境が限られている信号で、大手キャリアの独自メッセージを利用している場合、大手キャリアの専用アプリ経由でないと受信不可というわけです。

 

このような理由により、大手キャリアの仕様ではない格安SIMを利用したスマホの一部では、緊急速報を受信できない場合が出てきます。

 

2018年3月現在では、MVNOが提供する格安SIM利用の端末において、特にJ-アラートや自治体からの情報などの受信に対応しているものは少ないと考えていいかもしれません。ただし近年では、MVNOが販売する端末でも多くの緊急速報に対応するものが徐々に登場しています。

緊急速報を受信できない場合の対処方法

緊急事態において速報を受信できないと、対応の遅れにより災害やミサイル攻撃などの被害から逃げられなくなってしまいます。しかし、もし自分の端末が緊急速報に対応していない場合は、以下のような方法で対処することができます。

 

・速報配信に対応しているアプリを利用する

緊急地震速報や津波警報以外の信号に対応していない端末でも、民間企業が提供しているスマホアプリで受信することが可能です。このようなアプリでは多くの速報を受信できるだけではなく、設定によって速報の内容ごとにアラート音を変えることもできて便利です。民間のスマホアプリを活用する方法は、J-アラートを運用している消防庁でも推奨されているのです。

 

また、Android対応のスマホアプリの中には、通常の緊急地震速報よりも若干早いタイミングで速報を配信してくれるものがあります。格安SIMユーザーは、もしものときのための備えとして、これらのスマホアプリをあらかじめインストールするに越したことはないでしょう。

 

・Android8.1以降にバージョンアップする

2017年には、Android8.1がリリースされています。そして2017年には電気通信事業者協会により、Android8.1以降のデフォルト機能として大手キャリアの独自メッセージを受信できる共通受信仕様を策定したと発表されました。

 

2018年3月現在では、格安SIM利用スマホの中で共通受信仕様に対応している端末はまだ一部であり、今後対応する端末が増えるかどうかの見通しも明らかとはなっていません。しかし、これから先の大規模地震や各種災害に備えて、対応が期待できます。

 

格安SIM利用スマホを使っている人は、緊急速報を受信できるかどうか不安でしょう。しかし、上記のような対処法によって安全を確保できる可能性があるため、参考にしてみてください。

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項