格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

  • TOP
  • MVNO
  • 格安SIMに乗り換えて大失敗!? 格安SIMのあるあるトラブルと解決策!

格安SIMに乗り換えて大失敗!? 格安SIMのあるあるトラブルと解決策!

2017年12月05日

キャリアと比較し、半額以下、場合によっては1/4以下まで月額料金を下げることができる格安SIM。回線はドコモやau、ソフトバンクと同じものなので通信エリアも今までと同じ。キャリアのような手厚いサポートはないが、かけ放題や端末補償をはじめとするサービスも充実してきているため、大半の人は「乗り換えてよかった」と思えるはずだ。

 

しかし、中には格安SIMに乗り換えて「失敗した」というケースもある。今回は、そんな格安SIM乗り換え時の“あるあるトラブル”と、その対応策をチェックしていこう。

格安SIMは「安くてお得」なだけじゃない!安いなりの“あるあるトラブル”をチェック!①

トラブル①「キャリアメールが使えない!」→フリーメール取得で解決



最初に挙げておきたいのが、「キャリアメールが使えない」という失敗談。

キャリアメールとは、ドコモであれば「@docomo.ne.jp」、auであれば「@ezweb.ne.jp」、ソフトバンクであれば「@softbank.ne.jp」(iPhoneの場合は「@i.softbank.jp」)という、キャリアが発行しているメールアドレスのこと。これらは、キャリアユーザーのみが使えるアドレスであるため、当然格安SIM(MVNO)に乗り換えた時点で使えなくなってしまう。

 

スマホにおけるメッセージ送受信の主流が、メールからSNSアプリ「LINE」に代わっているとはいえ、まだまだ利用者も多いキャリアメール。突然使えなくなると困るという人は決して少なくない。また、キャリアメール経由でWebサービスなどに登録をしている場合も、DMや確認メールを受信できなくなってしまうので注意が必要だ。

 

そこで、格安SIMに乗り換えたときキャリアメールに代わって導入したいのがフリーメールだ。

フリーメールとは、無料で取得できるメールアドレスのこと。代表的なところでは、「Gmail」や「Yahoo!メール」などがそれにあたる。これらは、ドメイン(主に@以降の文字列のこと)と送受信に利用するアプリが変わるだけで、使い勝手はキャリアメールとほぼ同じ。メールのやり取りをするうえで、普段使いに困ることはない。

 

ただし、フリーメールに乗り換える際、注意したいのが“受信側のメール設定”。キャリア契約をしている人にフリーメールを送信した場合、相手のメール設定によっては受信をはじかれてしまうことがあるのだ。

フリーメールは、誰でも簡単に取得できることから捨ててもいいアドレス“捨てアド”などとも呼ばれており、出会い系など迷惑メールの送信元に使われることも多い。そのため、キャリアメール設定ではフィルタリングに引っかかってしまうことがあるのだ。

 

ちなみに、これはフリーメールに限った話ではなく、PCメール(キャリアメール以外のドメイン)はすべて該当する。思い出していただきたいが、ガラケー時代、キャリアメール以外からメールを受信することはほとんどなかったはずだ。これは、キャリアメール以外のアドレスは迷惑メールとして分類、ブロックされていたためである。

 

キャリアメール設定は、ガラケーでもスマホでも変わらないので、格安SIMでフリーメールを使った場合、これと同じ現象が起こってしまう可能性がある。つまり、格安SIMに乗り換え、アドレス変更のお知らせをフリーメール経由で出すのは避けた方が安全ということだ。

 

ベストなのは、キャリアメールが使えるうちにフリーメールアドレスを取得、キャリアメール経由でアドレス変更のお知らせを出すということ。これならば相手にメールをはじかれることはない。もちろん、その際、相手にメール受信設定の見直しをお願いする必要はあるが、フリーメールしか使えない状況で連絡を出すよりは確実だろう。

トラブル②「通話料が高過ぎる!」→かけ放題オプションで解決



「キャリア時代よりも通話料が高くなった」というのも、格安SIMではよくあるトラブル。これは、単純にキャリアのかけ放題プランから、格安SIMの従量制プランに移行したためと考えていいだろう。まずはかけ放題プラン、従量制プランの内容を整理してみる。

 

<かけ放題>

その名のとおり、何分何時間通話しても通話料が無料になるプラン。料金は、キャリアだと完全かけ放題2700円/月、5分かけ放題1700円/月となる。5分かけ放題の場合、通話料が無料なのは5分間だけで、超過時は20円/30秒の従量制になる。

 

<従量制>

30秒通話するごとに20円、など話した時間に応じて通話料が上がっていくプラン。かけ放題が登場するまではスタンダードだったシステムで、格安SIMの場合ベースはこの従量制となる。ただし、現在は多くのMVNOが3分・5分・10分かけ放題を有料オプションとして提供しており、また専用アプリを使えば従量制でも通話料が半額(10円/30秒)となるケースが多い。

 

「通話料が高くなった」というトラブルの解決策としては、格安SIMでは先述したような3分・5分・10分かけ放題の有料オプションを利用するということ。Y!mobileなど、一部格安SIMではキャリアと同等のサービスを用意していることもあるので、通話時間が長い人はそういった点も格安SIM選びのポイントにしてほしい。

 

また、ほかの解決策としてはIP電話アプリを使うという方法もある。IP電話とは、電話回線ではなくネット回線を利用して通話するシステムのこと。電波が届かない場所では通話ができない、また電話回線と違って通話品質も正直劣ってしまうが、通話料は8円/30秒などと激安(月額は別途かかる)だ。ちなみにLINEの無料通話機能もIP電話だが、これは有料オプションに加入していない限りは何分話しても無料となる。格安SIMでかけ放題オプションに入ると、月額800~1000円はかかるので、「もっと通話料を削りたい」という場合は利用を検討するのもいいだろう。

格安SIMは「安くてお得」なだけじゃない!安いなりの“あるあるトラブル”をチェック!②

トラブル③「通信速度が遅い」→Wi-Fi接続で解決

格安SIMに変えて「速度が遅く感じる」という声もあるが、これは勘違いではなく実際に遅くなっていると考えていいだろう。詳細は「格安SIMは正直キャリアより遅い! MVNOで異なる通信速度の秘密」で解説するが、格安SIMはドコモやauといったキャリアから回線を借りてサービスを提供している。そのため、回線自体はキャリアと同じだし、エリアも変わらない。しかし、実際には利用できる回線の帯域がキャリアよりも狭いのである。



よくある例えだが、帯域=道路、スマホユーザー=車と考えてみよう。帯域が狭いというのは、道路の幅が狭いということ。キャリアの帯域=4車線、格安SIMの帯域=2車線だった場合、キャリアは混雑時でも渋滞を起こしにくい。

 

しかし、格安SIMは利用者が集中するとすぐに渋滞(速度が低下)してしまう。同じ回線を使っていても、帯域の幅が違うと通信速度に差が出るというのはそれと同じだ。通勤・通学時の8時台や17~20時、またランチタイムの時などはアクセスが集中するため、特に速度が落ちやすくなる。

 

回線の帯域が広がるかどうかはMVNO次第なので、個人ではどうしようもない。そこで解決策として挙げておきたいのがWi-Fiの利用。Wi-FiはSIMの回線を使うことなくネット接続できるため、混雑に左右されず快適に通信できる。アクセスが集中する時間帯は、会社や自宅、また施設の公衆無線LANなど、できるだけWi-Fiを利用するようにしたい。

トラブル④「サポートが不十分で失敗!」→有人チャットで解決!

キャリアと格安SIMにおけるサービスの差は、サポート面にも色濃く表れる。端末が故障した際の補償などについては体制を整えるMVNOも増えてきたが、キャリアから格安SIMに乗り換えてギャップを感じるのは、やはりショップの少なさだろう。

格安SIMサービスを提供するMVNOは、家電量販店に窓口を構えるところも多い。もちろん契約など最低限の手続きに問題はないが、家電量販店スタッフが対応することも多く、専任スタッフが常駐するキャリアショップと比較すると行き届かないこともある。また、サポート電話がつながりにくい、またはそもそも電話対応をしていないMVNOもあり、「今すぐ聞きたいのに……」とやきもきすることも少なくない。



そこで解決策として活用したいのが、各MVNOサイトから利用できる有人チャット。全MVNOが設けているわけではないが、ここ1年ほどで格安SIMの問い合わせ=チャットというシステムはすっかり定着した。

有人チャットは、メールと違ってとにかく反応が早いのが特徴。中には事務的な回答のみにとどめているMVNOもあるが、何往復も親身に対応してくれるところも少なくない。電話よりもスムーズで確実に回答を得られるため、格安SIMを利用する際は大いに活用したい。

 

格安SIMは、確かに月額を安く抑えることができるが、キャリアと比較し劣る部分もある。しかし、「諦めて我慢し使うしかない」ということはほとんどなく、大半の“あるあるトラブル”には対応策が用意されているもの。もう嫌だとキャリアに戻ってしまう前に、自分なりに工夫し、快適でお得な格安SIMライフを送ろう。

 

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項