格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

  • TOP
  • SIM
  • 格安SIMに興味を持ったはいいケド…… そもそも何から始めればいい?

格安SIMに興味を持ったはいいケド…… そもそも何から始めればいい?

2018年06月15日

【格安SIMに乗り換えれば海外旅行だって可能に!】

 

近年スマホユーザーから多くの注目を集め、徐々に利用者が増加している格安SIM。今現在はキャリアで契約してスマホを使っている人でも、その名前を聞いたことくらいはあるだろう。

格安SIMとはその名の通り、格安料金でスマホを使えるSIMカードのこと。キャリアから格安SIMに乗り換えるだけで、毎月の支払いが数千円単位で安くなることも珍しくなく、2~3年後には海外旅行に行けるだけの貯金をすることだって決して不可能ではない。

 

そんな格安SIMについて、なんとなく安くなるということを知ってはいるけど、いざ乗り換えて使うためには、結局のところまず何から始めて、どうしていけばいいのかわからないという人は少なくないだろう。そうした心理的な負担が理由となって、興味があるにも関わらずいまだに格安SIMに手が出せないでいるのだとしたら、これほどもったいないことはない。

みすみす海外旅行を手放すのは残念すぎるので、本記事で紹介する「まず最初にやるべきこと」を把握して、ぜひとも格安SIMへの乗り換えを検討してみてほしい。

普段どれだけスマホを 利用しているのか把握する



格安SIMへの乗り換えを検討していくにあたって、最初にやるべきことは、普段自分がスマホをどれくらい利用しているのか把握することだ。

スマホはキャリアと格安SIMに関わらず、契約するプランによって月額料金が変わってくる。たとえばデータ容量が3GBのプランでは月額料金が900円なのに対し、7GBのプランでは1600円が必要になる、といった具合だ。そのため、普段の自分の利用スタイルを把握しないことには適正なプランが選べず、格安SIMに乗り換えてもメリットが生かせないことになる。

普段自分がどれだけスマホで通信しているのかは、各キャリアの公式サイトまたは公式アプリなどで確認することができるので、まずはここから始めてほしい。

 

乗り換え後に利用する スマホの種類を決める

普段のデータ通信量が把握できたら、続いては格安SIMに乗り換えたあとに、どのスマホを利用するのかを決めていこう。

キャリアの場合、多くの人はスマホの機種変更に合わせてショップを訪れ、そのタイミングで契約プランの見直しなど行っているのではないかと思う。しかし、格安SIMへの乗り換えとなると、単純な機種変更だけではなく、どのスマホを使うのかという選択肢がいくつか存在するのだ。



ひとつは、契約時にSIMとセットで新しいスマホに機種変更するという方法。格安SIMでもキャリアと同じように、SIMとセットで機種変更できるMVNOは多くあるので、その中からスマホを選んで一緒に契約してしまうのが、もっとも簡単に乗り換える方法だ。

しかし、MVNOで契約できるスマホは種類が限られており、またあまり魅力的な機種が揃っていない場合もあり、満足いく機種を選べるかどうかはわからない。

 

そこで、ふたつ目の方法として、機種変更せずに、これまでキャリアで使っていたスマホをそのまま格安SIMでも利用することがあげられる。これなら使い慣れた機種なので、特に最新機種が欲しいということでなければ、乗り換え後の違和感もなく活用していけるのではないだろうか。

ただし、キャリアのスマホを格安SIMで使うためには、「対応する通信回線」と「SIMロック」という、ふたつのポイントに気を付ける必要がある。

 

まず通信回線の問題だが、基本的にキャリアの中でも、たとえばドコモで契約したスマホでは、ドコモのSIMカードしか対応しておらず、auやソフトバンクのSIMカードを挿入しても利用することはできない。

そして、少々話がややこしくなるが、格安SIMにはキャリアから通信回線を借りてユーザーに提供しているという仕組みがあり、格安SIMにもドコモ系SIMやau系SIMという分類が存在している。そのため、仮にドコモ系格安SIMで契約する場合、ドコモで使っていたスマホなら使えるが、auで使っていたスマホをそのまま乗り換えて利用することはできないのだ。

 

この通信回線の問題に対処する方法として挙げられるのが、「SIMロック」の解除だ。先ほど例で挙げたような、auのスマホではドコモ系のSIMが使えないというのは、スマホにSIMロックという制限がかかっていることが原因となっている。この制限を解除することで、(細かな条件などもあり必ずというわけではないが)、auで使っていたスマホでもドコモ系SIMなどをそのまま使うことができるようになる。

SIMロック解除は各キャリアとも手数料3000円で利用できるので、そのままスマホを使い続ける場合には、初期費用として3000円必要ということを覚えておこう。

しかし、例えば、ドコモで使っていたスマホを、格安SIMのドコモ系SIMで契約して利用する場合には、SIMロック解除の必要はない。余計な出費をしないよう十分確認してほしい。

 



3つ目は、機種変更は機種変更でも格安SIMとセットで購入するのではなく、SIMフリースマホを別途購入して、格安SIMを利用するという方法。

SIMフリースマホとは、最初からキャリアによるSIMロックがかかっておらず、基本的にはどの回線を使っているSIMカードにも対応しているスマホのこと。たとえばiPhoneなどでも、公式サイトを見るとSIMフリー版を単体で販売していたりする。SIMフリースマホであれば、選べるスマホの種類は豊富にあるので、SIMとのセット購入より自分が本当に使いたい1台に出会える可能性が高いだろう。

注意点としては、SIMフリー版でも選んだ格安SIMによっては一部の機能に制限がかかってしまう場合が存在する。このあたりはその格安SIMと機種の相性の問題もあるので、格安SIMの公式サイトやカスタマーサポートなどで確認してみてほしい。

 

自分の中の基準を決めて プランやサービスを吟味する

スマホ選びまで完了したら、あとは実際に契約する格安SIMを決めていけばいい。

先ほども述べたように、選んだスマホによって利用できる格安SIMはある程度限定されてくるため、まずはそこから選択肢を絞っていく。対応している格安SIMが見つけられたら、あとはそれぞれのプランやサービスを比較・吟味し、自分の使い方に合った最適なものを選択していこう。

格安SIMを選ぶ基準としては、単純なプランの料金のほかに、契約できるのはネットだけなのか実店舗もあるのか、特定のカードのポイントが貯まるなど普段の自分の生活にお得になる要素が存在しているのか、手厚いサポートを受けることができるのか、などさまざまな基準がある。どれが正解ということはないので、自分がもっとも気になるポイントをひとつ、あるいはふたつほど決めて、それに適した格安SIMを選んでいくといいだろう。

 

こうして順序立てて考えてみると、格安SIMに乗り換えるために、何をどうすればいいのか、道筋が見えてきたのではないだろうか。よくわからないからと敬遠せず、お得な格安SIMへの乗り換えを検討してみてほしい。

 

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項