格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

  • TOP
  • SIM
  • 格安SIMは1か月何GBにすれば良い?使い方別おすすめのGB

格安SIMは1か月何GBにすれば良い?使い方別おすすめのGB

2018年02月14日

格安SIM提供会社(MVNO)では、それぞれに月々の通信データ容量ごとにプランが用意されています。たとえば、1GB・3GB・5GBといったものです。このデータ容量プランが大きくなると、毎月の利用料金がその分高くなります。しかし、高い料金を支払ってデータ容量が余ってしまうようではもったいない話です。とはいえ、自分の利用状況でどのデータ容量が適しているのか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで、今回は使い方ごとにどれくらいのデータ容量がおすすめなのかを見ていきます。

使い方でデータ容量を選ぼう

格安SIMに契約するにおいては、月々のデータ容量の選択は重要なポイントです。自分の利用状況よりも多いデータ容量プランを選ぶと余ってしまったときにもったいないですし、逆に少ないデータ容量では、それを超えた場合に通信制限がかかります。通信制限がかかった場合、来月1日になるまで通信速度が遅くなったり、スムーズに動画が見られなかったりといったように、不安定な通信を余儀なくされてしまうのです。そのため、自分のデータ通信の使い方にちょうど適したプランを選ぶことが大切です。

 

下記には、主なデータ容量においてどのようなことができるかを紹介します。

 

・2GB以内

スマホの使い方として、主にメールやSNSでやりとりするくらいであれば2GB以内で十分です。また、頻繁でないものの軽くインターネットサイトを見るくらいなら問題なく使えます。

 

・3GB以内

メールやSNSのやりとりやインターネットサイトの閲覧に加えて、SNSの通話機能を使うくらいまでフォローできる容量です。また、動画に関してもあまり長時間でなければ閲覧することができます。

 

・5GB以内

メール・SNSの頻繁な利用はもちろん、インターネットサイト閲覧や動画視聴についても比較的多く利用する人には向いています。また、スマホでテザリングしたい場合にも問題なく使える容量です。

 

・6GB以上

6GB以上になると大容量の部類に入り、上記にあげたメール・SNS・インターネットなどの利用にとどまらず、動画視聴やゲームなどをやり込んでいる人にはおすすめです。かなり頻繁に使っても上限を超えることはあまりないでしょう。

 

ちなみに、大手キャリアのユーザーにおいては、標準的な通信量であれば月々2GB~3GBくらいが標準というデータもあります。そのため、MVNOでも3GBのプランを主力に置いていることが多いです。3GBなら、データ通信のみのプランの料金はおよそ1,000円前後で済むでしょう。

 

また、初めて格安SIMに乗り換える人がとりあえずお試しで様子を見たいという場合にも、3GBくらいを選んでおけば自分のデータ通信の利用状況を把握できます。もしデータ容量が余った場合には、来月に繰り越せるサービスを用意しているMVNOもあります。そしてプランの変更をしたい場合や別のMVNOに乗り換えたい場合にも、データ通信プランのみなら契約期間にかかわらず解約が可能であることがほとんどです。

容量無制限の使い放題プランがある場合も

MVNOによっては、データ容量が無制限のプランを用意しているところもあります。このプランであれば、動画視聴やゲームのように通信量が多い使い方も、毎月の制限を気にすることがなくなるのです。無制限プランについては、毎月の利用料金の相場はデータ通信のみでおよそ2,000円台前半~3,000円台前半ですから、大手キャリアのプランと比べても割安になるでしょう。

 

ただし、データ容量無制限のプランの場合、一定時間を超えると通信速度が落ちる場合や、そもそも低速通信にのみ対応している場合などがあります。無制限プランの通信速度については、MVNOごとに設定が異なりますから、たくさんの通信量が必要だけれど通信速度も確保したいということであれば、高速通信に対応した無制限プランがあるMVNOを選びましょう。

 

ちなみに、下り通信速度が500kbps前後の場合でもメールやSNS、また軽いインターネット利用やストリーミング音楽の聴取くらいなら特にストレスを感じることはありません。また低速の通信でも、アクセスした瞬間だけ通常速度で読み込む「バースト機能」を備えているMVNOもあり、「バースト機能」を利用すれば読み込みのストレスはさらに軽減します。

Wi-Fiと併用すればもっとお得に

格安SIMの利用料金をより抑えるなら、データ容量の小さいプランを選ぶのが無難となりますが、それでデータ容量の上限を超えてしまっては使い勝手が悪くなるものです。このようなとき、Wi-Fiを利用すればデータ容量を抑えることが可能になります。Wi-Fiの通信は、MVNOと契約しているデータ容量に影響を与えないためです。

 

自宅にWi-Fi環境がある場合はそれを利用すればいいですし、外出先でもWi-Fiスポットを見つければデータ容量に影響を与えないまま通信が行えます。このようにWi-Fiを利用した通信を中心にすれば、通信をヘビーに行う人でもデータ容量プランは月に3GB程度で事足りるでしょう。

 

また、大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合には、既存のキャリアのサポートページで月々のデータ容量を確認することができます。格安SIMのプランに迷っている場合や、Wi-Fi通信と格安SIMを併用する場合にどのくらいのデータ容量が必要かを知る場合には、大手キャリアのサポートページを参考にしてみてください。

 

このように、格安SIMの契約において、月々のデータ容量の選択は重要です。使い方により適した容量は異なるため、自分の利用状況を確認したうえでプランを選択するようにしましょう。

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項