格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

  • TOP
  • SIM
  • 買う? それとも自分でロック解除する? SIMフリースマホ導入ガイド

買う? それとも自分でロック解除する? SIMフリースマホ導入ガイド

2017年10月30日

キャリアに縛られることなくSIMカードを使える「SIMフリー」

格安SIMの普及に伴い、耳にする機会が増えた「SIMフリー」。SIMフリーとは、「どんなSIMカードでも使える」という意味で、主にスマホに対して用いられる言葉だ。では、「どんなSIMカードでも使える」とはどういう意味だろうか。

 

それを説明するうえで外せないのが、日本の特殊な携帯電話事情だ。

日本の携帯電話は、長いこと独自の進化を遂げてきた。“大陸から独立し、特殊な固有種が多く存在するガラパゴス諸島”になぞらえて「携帯電話のガラパゴス化」などと揶揄(やゆ)されるほど、世界標準とはかけ離れているのである。

わかりやすいところで言えば、おサイフケータイや防水・防塵など。これは日本国内で独自に開発が進められてきた機能で、海外では普及していない(そのため日本の携帯電話は海外市場で受け入れられなかった)。そしてもうひとつが、キャリアのユーザー囲い込みである。

それは何かというと、携帯電話端末にロックをかけ、自社のSIMカード以外は使えないようにするというもの。これが「SIMロック」と言われるものだ。たとえばドコモで買った携帯・スマホにソフトバンクのSIMカードを挿しても使えない。使えるようにするためには「SIMロック解除」が必要であり、SIMロックを解除した携帯・スマホこそが「SIMフリー」なのである。

 

ドコモの携帯・スマホでは、ドコモのSIMしか使えない。

これは日本人にとって、長い間ごく当たり前のことであった。しかし、海外では、海外旅行に出かけたとき、現地でプリペイド式のSIMカードを購入し、手持ちのスマホに挿して旅先で通信するというのがポピュラーなスタイル。そのため、海外に行くことが多く、さらにモバイルに詳しい、または仕事で現地でも頻繁に通信しなければならない人にとっては、SIMフリー端末の存在は常識だったが、ようやく今、その世界標準が日本にも広まってきているのである。

SIMフリースマホの入手① 【SIMロックを解除する】

SIMフリースマホの入手方法は、主に2つ。ひとつは、手持ちのスマホのSIMロックを解除することだ。

SIMロック解除は、ユーザーの囲い込みを抑制するため、2015年に総務省が各キャリアに対し義務化している。それ以前よりロック解除できるキャリアはあったが、対象端末が非常に限定的であり、活用の幅は狭かった。しかし現在は、2015年5月以降(キャリアで違いはある)に発売された端末で、その他の条件をクリアすればSIMロック解除が可能となっている。

主な条件は以下の通り。少々ややこしいが、義務化前に比べればかなり緩和されている。



キャリアでSIMロック解除をするには、

1. キャリアショップに行き、解除してもらう


  1. My docomo、My au、My SoftBankといったキャリアのサイト上から自分で解除する


…と2通りの方法がある。 1の場合はすべてショップ店員に処理してもらえるため、自分では何もしなくていいが3000円の事務手数料がかかる。なお、 2であれば、自分で処理できるうえに手数料も無料。自分で解除コードを入力する必要はあるが、画面の指示に従って進めばさほど難しい作業ではない。 2 の方法でSIMロックを解除するためには、キャリアのマイページに入るためのログイン情報が必要になるので、実行する際は事前に用意しておこう。

SIMフリースマホの入手② 【新たにSIMフリースマホを買う】

もうひとつの入手方法は、最初からSIMフリーになっている端末を購入するというもの。

iPhoneはApple StoreやオンラインストアからSIMフリー版(Wi-Fi + Cellularモデル)を購入することができるし、現在は格安SIMの普及により国内展開されているSIMフリースマホも増えた。「SIMフリースマホ」で検索すると大量にヒットするので、その中から気に入ったものを選ぶのもいいだろう。格安SIMで使うことを前提とするなら、MVNOのセット端末を購入するのも手軽でいい。MVNOのセット端末は基本的にSIMフリーなので、海外でも活用することができる。

ただし、ネット通販でSIMフリースマホを購入する場合、海外製の並行輸入品には注意が必要だ。「技適マーク」が付いていない可能性があり、日本国内で使うと電波法違反の恐れがある。購入時は、製品仕様をよく確認しておきたい。

格安SIMを使うという目的ならSIMロック解除は不要な場合も

SIMフリースマホの入手方法について説明してきたが、国内で「格安SIMを使う」という目的であれば、必ずしもSIMフリースマホが必要なわけではない。

というのも、格安SIMを運営する会社「MVNO」は、ドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアの回線を使ってサービスを提供している。要は、格安SIMもキャリアSIMも、回線自体は同じということだ。そのため、SIMロックがかかった端末であっても、格安SIMの回線がそのキャリアのものであれば利用は可能なのである。たとえば、「楽天モバイル」はドコモ回線を使った格安SIMなので、ドコモの端末であればSIMロックを解除せずに、そのまま使うことができる。大半のMVNOはドコモ回線に対応するので、ドコモ端末を持っている場合は、ロックを解除したりSIMフリースマホを新たに購入したりすることなく、格安SIM化が可能だ。

ただし、MVNOによってはドコモ回線もau回線も選べる“マルチキャリア”対応になっていることがある。契約時に、ドコモにするかauにするかを指定できるが、ここで選択を間違えると手持ちのスマホで通信できないということになってしまうので注意が必要だ。

 

なお、SIMロック解除不要で格安SIMが使えるという意味では、「白ロム」にも注目したい。

白ロムとは、キャリア契約がないキャリアスマホのことで、ほとんどが中古品。基本的にSIMロックはかかったままだが、格安SIMの回線とキャリアが同じであれば問題なく利用できる。

新たにSIMフリースマホを買って格安SIMを使おうと思っているのであれば、初期費用を抑えるためにもぜひ選択肢に入れていただきたい。

au端末はSIMフリー化しても 格安SIMの一部機能が使えないことがある

SIMフリースマホがあれば、幅広いSIMカードを使って通信することができるが、一部例外もある。国内で格安SIMを使う場合、特に注意したいのがau系の端末だ。auは、ドコモとソフトバンクとは通話回線方式が異なる。そのため、SIMロックを解除してSIMフリー化したとしても、ドコモ回線の格安SIMで4G通信ができなかったり、テザリングが使えなかったりといった場合があるのだ。

 

そこで、格安SIMを確実に使うためにもまずチェックしたいのが、各MVNOが公開している「動作確認端末」の一覧。動作確認端末は、どのMVNOでもサイト上で必ず公開しており、機種名を検索することで、格安SIMが使えるかどうか、SIMロック解除が必要かどうか…といったことがわかるようになっている。「4Gは繋がるがテザリングはできない」などの詳細も把握できるので、格安SIM契約前には必ず確認しておこう。



上の図はmineoが公開している「端末チェッカー」。スマホかタブレットか、キャリアやメーカーはどこか…といった端末情報を選択していくことで、格安SIMが使えるかどうかを簡単に確認できる。あくまでmineo用のサイトだが、ドコモの端末であれば簡易的にほかのMVNOの確認用としても使える。

 

長いこと孤立していた日本の携帯市場が、世界標準に追いつこうとしている今、ようやく「自分のライフスタイルに合ったモバイル環境」が叶う条件が整ってきている。

国内で格安SIMを使うのであれば、無理にSIMフリースマホを用意する必要はないが、ドコモ回線のMVNOからau回線のMVNOに乗り換えたり、海外旅行時、気軽にネット接続をしたりするためには、やはりSIMフリースマホの存在は心強いだろう。SIMフリースマホは以前よりずっと入手しやすくなっているので、ここでの記事を参考にぜひ導入を検討されたい。

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項