格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

  • TOP
  • SIM
  • 会社用の携帯電話にはどのようなSIMを利用するのがおすすめ?

会社用の携帯電話にはどのようなSIMを利用するのがおすすめ?

2018年05月10日

法人で所有する携帯電話は、キャリアのプランを契約当初のまま見直していないことも多いでしょう。法人契約は、契約しているそれぞれの携帯電話の利用状況に応じてプランを変更すれば、通信費の経費削減につながります。会社用の携帯電話で経費削減をできるSIMを利用するには、どのようなプランがおすすめかご紹介します。

 

用途に合わせて豊富なプランがある法人契約

法人の会社契約のプランは、キャリアや通信事業者で各種プランを用意しています。「短時間の通話をメインで使いたい」「インターネット回線をビジネスで使うことが多い」など用途も様々です。料金プランが現在の利用状況に最適であるか確認し、プラン変更をすれば月額の携帯電話で発生していた通信費を大幅に削減することも可能です。

 

通話無料などのサービスがプランにあることや、通信環境が地域によってつながりにくい、などの不便がないことも確認しておくポイントです。毎月の月額料金を安くするには業務環境に不便のないSIMを選ぶのがよいでしょう。

 

■SIMカードを変更するには

SIMカードとは携帯電話やスマホに挿入して使用する小さなICカードで、電話番号や回線情報が記載されています。この情報がなければ、機器を通信端末として使用することはできません。各キャリアで購入したスマホを他社のSIMカードに変更することが可能です。

 

携帯電話にあまり詳しくない人でも作業自体は1分程度で完了します。現在所有している端末が変更時に対応可能であるか店頭やカスタマーサービスで確認してみるとよいでしょう。

 

■スマホ契約の見直しを検討できる

法人名義のキャリアでスマホを契約して月額3000円以上のコストが発生している場合、プランを見直すことでコスト削減につながることが多くあります。会社携帯を短時間の通話しか使わない、社内の連絡用として所有している、などの場合にはデータ通信容量のプランなどを見直しましょう。

個人用と法人用の違い

個人で使用する携帯電話と法人向けの携帯電話ではプランが異なる点がいくつかあります。まず、どのキャリアのSIMを利用するのが最適なのかを確認すべきです。ほかには、契約を検討しているキャリアのデータ通信の月額料金プランや、データ通信の速度、通信エリアの範囲などで確認するとよいでしょう。

 

■費用について

法人契約ではほとんどの場合、一社から複数の携帯電話をまとめて契約しています。個人で契約をする場合よりも費用を安くしているプランが各キャリアで用意されています。個人用携帯を会社業務に使っている人なら、法人携帯を業務用に別途所有することで料金が安くなる場合があります。また、他社から変更する「乗り換え」プランのキャンペーンを行っている場合があるため、活用するのもひとつの方法です。

 

■支払い方法と契約

法人契約の場合では、クレジットカード、口座振替や銀行振込など用途に合わせて選ぶことができます。ただし、代表者の確認書類だけでなく銀行口座や会社定款などの必要書類の提出が求められることがあります。

 

■契約した携帯ごとでプランの見直しができる

複数の携帯電話の契約をしている法人の場合、利用状況に合わせて一台ごとにプランの幅の見直しをされることをおすすめします。用意されているプランの幅も多いので、一台ごとの通話時間、データ通信などの状況を確認するとよいでしょう。

 

■年間の経費削減

契約を見直す理由は、各キャリアと現在契約している法人で月額料金が安くなることが理由です。各キャリアではおおよそ3000円以上ですが、SIMの月額料金は税別で2000円前後です。この使用料金の差は大きく、単純に計算しても、一台あたり年間で12000円の経費節約になります。

格安SIMを検討するときの注意点

法人携帯でSIMを変更することを検討されている場合、格安SIMと呼ばれる通信事業者のプランは月額料金も安く、お得に感じるでしょう。しかし、店舗数や無料通話などの点で不便を感じる場合があります。以下に格安SIMの注意点をご紹介します。

 

■店舗数が少ない

格安SIMを提供している通信事業者は各キャリアと比較すると、圧倒的に店舗数が少ないです。実店舗も以前と比較して増えてきていますが、都市部が中心で地方に出張したときにトラブルが発生したときには、カスタマーサポートで相談、対応してもらうことになります。

 

■キャリアメールが使用できない

キャリア専用のメールアドレスが使用できません。メールを利用する場合、フリーメールアドレスに移行するか、会社用のメールアドレスをスマホでも受信できるように設定する必要があります。

 

■無料電話のプランがない

音声通話対応の格安SIMの場合、無料通話のプランがありません。無料通話を行える通信事業者同士の電話であれば通話代はかかりませんが、固定電話や他社のキャリアを所有する人と電話する場合は、別途料金が発生してしまいます。

 

 

会社用の携帯電話のSIMを変更する場合、単純な月額料金だけで選ぶと契約後に業務で以前より不便に感じてしまう可能性があります。月間の平均的な通話時間やデータ通信の状況を確認すれば、SIMを変更したときのお得なプランが見つかるでしょう。データ通信の速度や回線のエリア、プランの無料通話時間の有無などプラン内容を確認して契約するSIMを選べば、会社経費の削減にもつながります。

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項