格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

  • TOP
  • SIM
  • 格安SIMでおサイフケータイを利用する時の”SIM解除”についての疑問を解明

格安SIMでおサイフケータイを利用する時の”SIM解除”についての疑問を解明

2018年03月21日

おサイフケータイは、対応している店や交通機関などでスマホをかざすだけで決済ができる便利なサービスです。チャージも簡単にできますし、ポイントがたまるサービスもあってお得になるでしょう。これらのサービスは大手キャリアのスマホなら問題なく利用できていましたが、格安SIMに乗り換えたときには同じように使えるのでしょうか。また、SIMロック解除との関係性についても見ていきます。

格安SIMでおサイフケータイは使えるのか?

大手キャリアではおサイフケータイの機能はほぼ搭載されていますが、格安SIMに乗り換えたときに引き続き使うことができるのでしょうか。結論をいえば、一部の端末なら使うことは可能です。

 

あらかじめおサーフケータイについて軽く説明をすると、おサイフケータイの国際基準であるNFCのなかのFeliCaと呼ばれる方式を利用するものです。そしてほとんどの場合で、大手キャリアのスマホ端末にはFeliCaチップが標準で搭載されています。またiPhoneなら、Apple Payのシステムでおサイフケータイと同様の利用ができます。

 

そしておサイフケータイのサービスは多種多様で、各種支払いだけではなくポイントがたまったりクーポンが使えたりなどの付加サービスがついていることもあります。

 

大手キャリアのスマホ端末は基本的にFeliCaチップを搭載しているため、利用したいおサイフケータイサービスに対応していれば利用できます。そして、格安SIMのスマホでもFeliCaチップ搭載であれば、大手キャリアのスマホとほぼ同様に使うことができるのです。

 

また、大手キャリアから格安SIMに乗り換えて端末も新たに購入する場合、残高やポイントなどのデータは引き継ぐことができます。この場合、下記のような方法で引き継ぎを行います。

 

・サービス提供事業者にデータを預けた後、格安SIMに引き継ぐ

元のスマホで、あらかじめ残高やポイントといったデータを事業者が運営するサーバに預けておき、格安SIMに乗り換えたときにデータをインポートして引き継ぐ方法です。この手続きについて多くの場合は無料ですが、一部の格安SIMでは手数料が必要になる場合もあります。

 

・いったん登録データを消去し、再登録する

これは、各おサイフケータイに元の端末で会員登録している状態で、登録データを消去して格安SIMの端末で登録をし直す方法です。この場合、あらかじめ会員登録をしておくことで引き継ぎができます。

 

・そのまま格安SIMの端末で設定しなおす

これは、各サービスでマイページなど登録情報を管理することができる場合に用いられるもので、元の端末で特に手続きを行う必要なく格安SIMの端末でマイページにログインすれば、データを引き継ぐことができます。

対応機種ならSIMロック解除は影響がない

では、大手キャリアで利用していた端末のSIMロック解除をして格安SIMを挿した場合、おサイフケータイは使えるのでしょうか。SIMロック解除自体はおサイフケータイの利用に影響を与えるものではなく、SIMロックを解除する端末がFeliCaチップを搭載していれば問題ありません。

 

ただし、大手キャリアの端末のSIMロックを解除した場合、これまで利用していたおサイフケータイの機能が正しく動作しない可能性も否定できません。これは、SIMロック解除をした場合の動作について大手キャリアが保証できないとしているためですが、多くの場合は問題なく利用できるのではないでしょうか。

 

一部のサービスは使えないことも

基本的にFeliCaチップを搭載した端末であれば、多くのおサーフケータイを利用することが可能です。ただし一方で、以下のような問題もあります。

 

・FeliCaチップ搭載でも使えないサービスがある

FeliCaチップ搭載の端末でもすべてのおサイフケータイサービスを使えるというわけではなく、格安SIMによって使える種類が異なる場合があります。大手キャリアから格安SIMに乗り換えるときは、自分がこれまで使っていたおサイフケータイのサービスに対応しているか、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

 

・docomoのiDは格安SIMでの利用が難しいことがある

そして、数あるおサイフケータイのなかでも転用が難しいのが、docomoが提供するiDです。このiDを使うためのアプリは、docomoのspモードによって利用することが前提となっていたため、たとえばauやSoftbankの端末でiDを利用することができませんでした。それは格安SIMの端末でも同様だったのです。

 

しかし近年では、iDアプリにSIMフリー対応のものがリリースされたことにより、格安SIMでもiDの利用が可能になった端末が登場しています。とはいえ、利用可能かどうかは格安SIM提供会社(MVNO)の公式ホームページなどで調べておくのがいいでしょう。

 

・FeliCaチップ搭載でも使えないサービスもある

また2018年現在では、格安SIMの端末でおサイフケータイに対応しているもの自体があまり多くありません。ただ、おサイフケータイの需要は高まっており、数多くの店やサービスなどでのおサイフケータイが使える場面は広がっているため、これからの格安SIMの浸透に合わせて対応機種も増えてくるものと考えられます。

 

大手キャリアの端末をSIMロック解除しても、おサイフケータイを利用できるのは確かですが、乗り換える格安SIMがどのサービスに対応しているか、また残高などのデータ移行については注意しておきましょう。

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項