格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

  • TOP
  • MVNO
  • SIMフリーの多くはどこの回線を利用している?実際どの回線が一番利用しやすいのか?

SIMフリーの多くはどこの回線を利用している?実際どの回線が一番利用しやすいのか?

2017年12月18日

スマホ端末においてSIMロックが解除され、どのような会社の通信やプランでも使用できるのがSIMフリーです。これにより、大手携帯キャリア以外に格安の利用料でサービスを提供するSIMフリー提供事業者(MVNO)が登場し、徐々にユーザー数を伸ばしているのです。各MVNOが使用している回線はその会社独自のものではなく、大手携帯キャリアの回線を借りる形となっています。そのため、どの回線を借りているかによって通信状態などに特徴が出るのです。回線ごとの特徴や使いやすさについて解説しています。

■SIMフリーの回線の種類と特徴

大手携帯キャリアといえばDocomo・au・SoftBankの3社です。SIMフリーでは、この3社の回線のいずれかを借りて運営していることになるのです。では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

・Docomo

NTTの携帯キャリアであり、3大キャリアの中でも多数のシェアを占めるブランドです。シェアの多さに関してはSIMフリーでも同様で、多くのMVNOがDocomoの回線を利用しているのです。かなり安定した通信状況に加え、広範囲のエリアで回線を利用できるため、つながる場所が多いことも特徴です。そしてエリアによっては、高速通信も可能なのです。また、回線利用料が安価なことから多くのMVNOが参入しており選択肢も豊富です。一方で、回線の混雑が起きやすい傾向にあります。

 

・au

KDDIが運営する携帯キャリアで、エリアによって多少違いがあるものの通信速度は確保でき、不安定さもあまりないのが特徴です。一方で、山間部など若干通信エリアが限られてくることもあります。しかし、auの回線を利用しているMVNOの中には、全社の中でも屈指の通信速度の速さを誇る会社もあるのです。一方、3G回線では使用している規格が特殊で、2017年現在ではau回線を使用するMVNOはあまり多くありません。これを逆に取ると、比較的回線の混雑を避けられるというメリットもあるでしょう。

 

・SoftBank

SoftBankの回線を利用するMVNOが初めて登場したのは、他の携帯キャリア2社よりも後となり、若干遅れを取っている印象はあります。通信エリアでは比較的山間部などでもつながりやすくなっており、おおむね安定した通信が可能です。また通信速度に関しても、SoftBank本来の通信速度を保てるのが特徴です。SoftBankの回線を使用するMVNOが登場したのが遅かったため、2017年現在ではその数は少ないですが、これから増加していく可能性はあるでしょう。

 

以上を考え合わせると、2017年現在ではSIMフリーの選択肢の多さや回線の安定・エリアの広さなどの点からDocomoの回線に軍配が上がりそうです。

■回線ごとに使える端末

では次に、それぞれの回線で使用できる端末について説明していきます。基本的には、各携帯キャリアで購入した端末を、そのキャリア回線を借りたSIMフリーで使うのであれば、おおむねSIMロック解除を行わずに使うことができます。もちろん、端末を購入した携帯キャリアと別の回線を借りたMVNOのSIMフリーでも、SIMロックを解除することで使用可能です。

 

ただし、各携帯キャリアの対応周波数は異なるため、端末を購入したキャリアとSIMフリーで回線を借りているキャリアが異なる場合、電波が悪くなったり使用そのものができなくなったりする場合があります。また、現在大手携帯キャリアで使用されている回線は3Gもしくは4G/LTEの他、高品質な音声通信を実現するVoLTEや、auのみで使用されるWiMAXといった規格もあります。これらの回線規格にそれぞれ対応した端末でなければ、使うのは難しくなってしまうのです。

 

とはいえ、それぞれの回線に幅広く対応できる機種も登場しており、2017年現在では比較的直近に発売された機種であれば問題なく使えることも多くなっています。また、iPhoneの場合はApple Storeはじめどの携帯キャリアで購入したものであっても、SIMロック解除すればどの回線でもほぼ問題なく使用することが可能です。詳しくは、各MVNOの公式サイトにて対応可能な端末を確認するといいでしょう。

■複数の回線を使えるMVNOも

これまでの説明のように、それぞれの大手携帯キャリアの回線に特徴があることや、回線の種類や周波数によって端末の使用状況が異なることがあります。そのため、基本的にはどの回線が自分に合っているかなどを考慮した上でMVNOやSIMフリー端末を選ぶことになるでしょう。しかしMVNOによっては、SIMフリーの利用に際して複数の回線を選べるところもあるのです。

 

こうしたMVNOでは、たとえばプランによってDocomo回線を使うかau回線を使うかが分かれます。今持っている端末をそのまま使いたい場合は、これまでDocomoを使っているならDocomo対応プランを使えばそのまま快適に使えますし、auの場合も同様です。このようなサービスは今後も増えていくのかもしれません。

 

大手携帯キャリアの回線を借りてSIMフリー端末を使う場合、キャリアの回線の特徴や端末が対応する回線でMVNOを選ぶといいでしょう。また、これまでと同じ端末を使いたいといったことなら、以前の携帯キャリアの回線を借りているMVNOを選ぶのも1つの方法です。どの面を重視するかによって、使いやすい回線はそれぞれに変わってくるでしょう。

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項