格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

  • TOP
  • MVNO
  • 2018年の格安スマホ市場が気になる!大手SIMフリーの動向をチェック!

2018年の格安スマホ市場が気になる!大手SIMフリーの動向をチェック!

2018年01月18日

近年、SIMフリーに対応したスマホや格安SIMの利用の需要が伸びを見せており、スマホの利用者の中でもシェアを増やしつつあります。そんな中、2018年には、SIMフリー市場はさらなる飛躍をすると予想されます。そこで今回は、2018年のSIMフリー市場の動向や人気の格安SIM提供会社(MVNO)などを紹介していきます。今年からSIMフリーに乗り換えたいという人は、参考にしてください。

徐々に利用者を増やしつつあるSIMフリーサービス

SIMフリー回線の契約数は、2015年ごろから急激に伸び始め、2018年現在も拡大傾向にあります。2015年から2017年までの2年間で、その数は2倍以上に増えています。そして今後も順調に契約数を伸ばすことが予想されているのです。

 

従来は通信速度の遅さや接続しにくいといったデメリットが危ぶまれていたSIMフリーですが、各MVNOの企業努力によりサービスの改善が進められてきました。具体的には、既存の弱点と言われてきた通信の不便さの払拭や、サポート体制の整備などが挙げられます。その結果、格安SIMは大きく需要を伸ばすことに成功したのです。

 

このように各MVNOによるサービス向上の動きは、2018年にはさらに顕著になることが予想され、MVNO間の競争もさらに激化してくるでしょう。こうしてMVNO同士が切磋琢磨すれば、大手キャリアを追随するサービスを提供する会社が登場するかもしれません。そうなれば、大手キャリアよりも安い価格で通話と通信を提供するSIMフリーに乗り換える人も増え、さらに市場は拡大していくと考えられます。

これからも人気が高まりそうな大手MVNO

このように、2018年にはさらに飛躍することが予想されるSIMフリー市場において、根強い支持を得ている大手MVNOをいくつか紹介しましょう。

 

・楽天モバイル

現在存在するMVNOでも大手に数えられ、市場でのシェアの大きな部分を占めている会社です。ネット通販やクレジットカード事業、金融取引など幅広い事業を行いそれぞれに支持を得ている楽天が提供するSIMフリーということもあり、安心感があるというのが人気の理由です。

 

手広い事業展開を行っていることにより、それぞれが連携したキャンペーンやポイントサービスなどを充実させ、他のMVNOとの差別化を図ることも見込めます。また、楽天モバイルは、新たに割り当てられる電波を自社で取得することも発表しており、それが実現すると現存の大手キャリアをしのぐ通信サービスの提供が可能になるかもしれません。

 

・mineo

近年シェアを伸ばしているMVNOで、CMもよく見かけるようになりました。mineoでは、回線をdocomoとauから選ぶことができるだけではなく、docomoの端末でdocomo回線プランの利用ならSIMロック解除なしでOK、またau回線プランでもiPhoneの一部機種であればSIMロック解除不要となっています。その他、回線の混雑を避ける処置をいち早く行うなど、サービス面での強みを持っているのが魅力です。

 

ユーザーに対するサポートも充実しているほか、ユーザー同士が情報交換できる掲示板を設置するなど、利用に関する疑問がスムーズに解決するような工夫がこらされているのも特徴です。

 

・BIGLOBEモバイル

大手インターネットプロバイダーが運営するBIGLOBEモバイルでは、独自のサービスとして動画や音楽などを好きなだけ楽しめるエンタメフリーオプションを用意しています。特に若い世代は動画サイトや音楽ダウンロード・ストリーミング配信などをスマホで楽しむことが多いです。こうした人たちにとっては、本来データ容量を消費しがちな動画や音楽を制限なく楽しめるのは魅力でしょう。

 

また、BIGLOBEモバイルでもdocomo回線とau回線のいずれかを選ぶことができ、通信状態も安定しているといわれています。こうしたサービスの品質向上によって、徐々にシェアを伸ばしつつあるMVNOです。

 

・みおふぉん

インターネット業界では草分け的な存在であるIIJmioが提供するみおふぉんは、通信品質を向上させる技術に長けたMVNOです。データ通信に制限があっても通信量を調整できたり、データ読み込み時の通信速度を上げたりといった機能が充実しています。また海外への通話料金が比較的安価であることも知られています。

 

そしてみおふぉんは、上記のような特徴から法人契約が多く、ビジネスシーンで大きく貢献しているMVNOでもあります。このような理由から、SIMフリー市場でシェア上位を占めているのです。法人からの信頼を得られるサービスの提供という面では、高い信頼に値するでしょう。

MVNO以外でも格安SIMを提供している企業

Ymobileは、格安SIMを提供している企業のため、MVNOであると勘違いをされやすいですが、それは間違いです。Ymobileは、ソフトバンクが運営している格安SIM・スマホのブランドであり、回線もソフトバンク自社のものを使用しています。そのため、回線を独自に使用しているMNOに当たります。

 

MNOのメリットである、回線の安定感もありますし、逆に他のMNOのキャリアと比べて、料金プランが安価というメリットも感じられます。また、店舗も全国にあり、格安SIMについてよく分からないという方でも、安心して利用することができます。格安SIMを提供しているMNOは、とても珍しい存在であり、こちらも注目しておきましょう。

 

■サービスのさらなる向上が期待される年

2018年は、さらにSIMフリーを利用する人が多くなることが予想されます。そして、今回紹介した大手SIMフリー会社での競争はもちろんのこと、サービスの質によってはこれから急成長する会社も出てくるでしょう。2018年のカギは、それぞれの会社が提供する独自サービスであるともいえます。そして、各社がさらに特徴を強調するサービスが増えることで、ユーザーの選択肢も広がるのではないでしょうか。

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項