格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

  • TOP
  • MVNO
  • ただ申し込むだけじゃもったいない!? 格安SIMを超お得に買う方法

ただ申し込むだけじゃもったいない!? 格安SIMを超お得に買う方法

2018年02月05日

【格安SIM乗り換えにかかる費用をチェックしよう!】

 

格安SIMは月額利用料がキャリアに比べるとかなり安く、とくに何も考えず乗り換えれば、基本的にそれだけでお得になる。たとえば、ドコモのスマホなら「カケホーダイライトプラン(5分かけ放題)」+パケット定額「データSパック(2GB)プラン」+「spモード」(インターネットへの接続サービス)で、月額利用料は5,500円になるが、これを格安SIMのIIJmioに乗り換えると、データ定額「ミニマムスタートプラン(3GB)」+「誰とでも3分&家族と10分」の通話定額オプションを追加しても、月額利用料はわずか2,200円で済む。

つまり、格安SIMに乗り換えるだけで、月額で3,300円、1年間では39,600円も安くすることができるのだ。
ただし、実際にキャリアから格安SIMに乗り換えるには、月額料金以外にさまざまな手数料もかかってくる。
まず、キャリアから格安SIMに乗り換えるとき、キャリアで2年継続契約している場合は、更新月以外に解約すると契約解除料が9,500円かかるほか、端末をローンで購入している場合はその残金を清算する必要がある。

 

さらに、利用中の電話番号を引き継げるMNP(携帯電話番号ポータビリティ)で転出する場合の転出料が2,000円、格安SIMに加入するときの初期費用(事務手数料)が3,000円(税込3,240円)、さらにSIMカード発行手数料(400円程度)も別途必要になってくる。

 

これらの費用は基本的にそのまま支払うしかないのだが、実は契約するタイミングや購入方法によっては、無料になったり安くしたりすることができる。せっかく格安SIMへ乗り換えるのだから、少しでも無駄な出費は減らしたいところだ。

格安SIM加入の初期費用3,000円は 無料にできる!

格安SIM契約時にかかる初期費用3,000円は、Amazonから購入することで無料にすることができる。

Amazonで「格安SIM」と検索すると、mineo、楽天モバイル、DMM mobile、BIGLOBEモバイル、IIJmioなど、さまざまな格安SIMの「エントリーパッケージ」が表示されるはずだ。エントリーパッケージとは格安SIMを申し込むためのパックのことで、中にSIMカード本体は入っていないが、記載されているエントリーコードを利用して申し込むことで、3,000円の初期費用なしで申し込むことができる。つまり、Amazonエントリーパッケージを購入するには別途400円~900円ほどかかるが、その代わり、本来は必要な初期費用3,000円が無料となるというわけだ。



次に注目したいのが「格安SIM」のエントリーコード付きムック本だ。

たとえば、晋遊舎の「SIMフリー完全ガイド」はmineoの初期費用が0円になり、さらにデータ2GB増量が3カ月も付いてくる。また、宝島社の「世界一簡単にわかる! 選べる! 格安SIM」では、IIJmioの初期費用が0円になり、データ3GB増量が6カ月も適用されるのだ。

もちろん、どちらも本の購入代金がかかるが、初期費用3,000円を払わなくてよくなるのだから損はないだろう。

いずれもAmazonで購入できるので、自分のスタイルに合ったものを購入したい。

 

なお、これらのムック本のエントリーコードには利用期限があること、また、中古の場合はエントリーコードがすでに使用されている可能性があることには注意が必要。購入する場合はあらかじめしっかりとチェックしてほしい。

契約解除料をなくすには 解約のタイミングが肝心!

格安SIMに乗り換える際の手数料として、もっとも痛手となる出費のひとつが契約解除料の9,500円だ。

キャリアで契約している人のほとんどは、2年ごとに更新する契約(俗に言う2年縛り)を結んでいるだろう。これは2年間継続して契約する代わりに、月々の支払い額を抑えているというプランなのだが、契約期間中に解約するには違約金として、各キャリア共通で契約解除料9,500円を支払う必要がある。

 

これを避けるためには、2年ごとに訪れる更新のタイミングで解約することが唯一の方法だ。

契約開始月を1カ月目として、24カ月目までが2年縛りの契約期間となる。そして、25カ月目と26カ月目の2カ月間が、契約解除料のかからない契約更新期間となっている。

なお、以前は25カ月目の1カ月間のみが契約更新期間に割り当てられていたが、あまりにもユーザーにとって不利だったため、2カ月間に延長されたという経緯がある。2カ月間でも、2年の縛り期間に比べればまだまだ短すぎるような気もするので、さらなる契約更新期間の延長に期待したい。

 

さて、このように2年ごとに契約解除料を支払わなくていいタイミングが訪れる。格安SIMに乗り換える際には、ぜひともこのタイミングを意識してほしいのだが、もし契約更新期間が終了した直後の場合、話は別だ。

この記事の最初に紹介したように、格安SIMに乗り換えるだけで、MVNOやプランにもよるが3,000円程度は月額料金が安くなる。

そのため、次の契約更新期間までの期間が長い場合は、キャリア料金を支払い続けるより、契約解除料を支払ってでも乗り換えた方が、ゆくゆくはお得になる可能性が高い。乗り換えるとどの程度月額料金を安くすることができるのか、あらかじめ確認したうえで、契約更新期間を待つのか契約解除料を支払うのか判断するようにしよう。

キャンペーンの利用で さらにお得にできる!

各MVNOは、独自にさまざまなキャンペーンを行っている。キャッシュバックや月額利用料の割引といった金額面だけでなく、データ容量の増量や、格安SIMと同時購入するスマホのセット割引など、キャンペーンの種類はさまざま。格安SIMに乗り換えるときは、ネットや店舗などでお得なキャンペーンをしっかりとチェックしておきたい。

 

たとえば、2018年2月末時点で、Y!mobileでは以下のようなキャンペーンが展開されている。

 

「タダ学割」:5歳以上18歳以下のユーザーを対象にスマホプランS/M/Lの基本料金を最大3カ月無料。さらに、高速データ容量が契約料金プランの2倍になる、データ容量2倍オプションの月額料が無料。(2018年5月31日まで)

 

「データ容量2倍オプション無料キャンペーン」:新規または機種変更でスマホプランS/M/Lを契約した場合、データ容量2倍オプションの月額料が2年間無料。

 

上記はあくまで一例であり、Y!mobileではほかにも数多くのキャンペーン情報を公式サイトで確認できる。また、各MVNOごとにそうしたキャンペーンが展開されているのだ。

なお、こうしたキャンペーンは基本的に期間限定なのだが、仮に終わってしまったとしても、すぐに似たようなキャンペーンが新たに実施されることが多い。適用可能なキャンペーンがないか、格安SIMに乗り換える前に確認するようにしておけば、思いもよらぬお得な契約を結べるかもしれない。

ちなみに、Amazonで買えるエントリーパックから申し込んでも、MVNOが独自に行っているキャンペーンを適用させられることもあるので、相乗効果でさらにお得になる可能性もある。

 

また、キャンペーンはMVNOの公式サイト以外にも、価格.comなどのサイトで独自に展開されている場合もある。

たとえば、価格.comで楽天モバイルの通話SIMの3.1GBプランを申し込むと、2018年2月末時点で、現金11,100円のキャッシュバックを受けることができる。

こうした公式サイト以外のキャンペーンは、よく実施しているサイトを覚えて定期的に確認するか、「格安SIM キャンペーン」などでネット検索することで見つけられる。なかには、公式サイトに記載されているキャンペーンより得するものもあるので、両方を比較してみるといいだろう。

 

初期手数料の3,000円など、一見するとそれほど気にするような金額ではない、と感じる人もいるかもしれない。しかし、大した手間もかからず、簡単に出費を抑えることができるのだから、ぜひもっと格安SIMがお得になるこれらの方法を試してみてほしい。

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項