格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

MVNOの選び方

2017年11月06日

MVNOの認知度は、通話とデータ通信ができキャリア回線よりも安く利用できるとして、少しずつ向上しています。しかし、依然として周囲で利用している人も少なく、実際に格安SIMに乗り換えたくても、「いままでと同じように使えるの?」「結局、利用料金が安くならないのでは?」と不安に思う方もいるのではないでしょうか。
仕事で日常的にインターネットを利用する方や、動画を頻繁に見る方にとっては、通信速度も気になるところです。利用する人が増える時間帯によっては、キャリアよりも通信速度が遅くなることもありますが、工夫次第では今までと変わらず利用できている人もいます。
様々なMVNOがある中で、自分にあったプランを選んでお得に利用したいものですね。選び方のポイントを抑えて格安スマホを更におトクに手に入れましょう。

どのキャリアを選ぶ?まずは、自分の使用している回線を確認!

選ぶときに確認すべきポイントは、自分のキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)とMVNOの端末がそれぞれ対応しているかどうかです。MVNOは、大手キャリアの回線を使用しサービスを提供しているため、大手キャリアの回線に紐付いたMVNOそれぞれにSIMカードの種類が違います。
SIMカードの種類は3種類あり、自分の端末で利用できるサイズのMVNOを選ぶことが必要です。もしサイズを間違えてしまった場合には、手続きをすれば交換してもらえますが、手数料として3,000円がかかります。契約したMVNOを解約する方法もありますが、最低利用期間を設定しているMVNOもあるので、期間内の解約をする場合には違約金が発生します。
そのため自分の利用しているキャリアを確認し、MVNOを選ぶことが重要です。ドコモ回線の場合には、ドコモから発売されている端末またはSIMフリー端末で利用できる、LINEモバイル、イオンモバイル、楽天モバイルなどがあります。au回線では、UQモバイル、ソフトバンク回線では、U-mobile Sなどがあり、mineoやIIJmioは、ドコモ回線だけでなくau回線にも対応しています。

いつ解約するのがおすすめ!? オプションは必要?

いま使っている電話番号を変えずに大手キャリアからMVNOへ乗り換えるなら、契約が満了する月かその翌月に解約するのがオススメです。それ以外の月の場合、解約料金として9,500円がかかってしまいます。通常は定期契約のプランを使っていることが多く、2年経過後に自動で更新されてしまいますので、初期費用を少しでも抑えたい人は、契約プランの2年縛り満了月を確認しておくと良いでしょう。
通話が必須な人は、音声SIMでの契約が必要です。データSIMではデータ通信しかできず、SMSもオプションとなります。SMSとは、電話番号を知っている相手に対して、70文字程度のメールを送受信できるサービスのことです。メールアドレスを知らない相手に短い文字数で要件を伝えたい時や、相手が同じキャリアでなくてもメールを送受信できます。
SMS認証は、電話番号で個人認証ができるサービスで、月額100~200円のオプション料金で提供されている場合もあります。本人以外の不正な利用を防止しセキュリティを高める効果もあるため、LINEなどでも採用されています。

MVNOの通話料金を抑える方法とは?

MVNOの通話料金は30秒で20円と比較的高いため、通話を多く利用する場合は「かけ放題」プランや「無料の通話時間」があるプランを選びましょう。無料通話プランには、1回の通話における無料通話時間が3分までは無料、10分までは無料などサービスによって違いがあります。IIJmioの場合だと、家族との通話がお得になるプランもあり、3分以内の通話無料+家族の場合jは10分以内無料がセットになって月額600円というサービスを提供しています。あまり長電話をしないなら、このプランでも充分という方もいるでしょう。
一回の通話が数分以内で収まらないことが多い場合は、UQモバイルの無料通話付きプラン「ぴったりプラン」がおすすめです。このプランでは、月の無料通話時間を、60分・120分・180分と設定でき、契約期間内でもプラン変更ができます。

NTTコミュニケーションズの「050 plus」やMVNOの専用アプリの使用もオススメです。
「050 plus」は、OCNモバイルONEの加入者については月額無料で利用でき、データSIMの加入者は30秒8円で利用ができるサービスです。月額300円で安く通話ができますが、050の電話番号を使用することが必要となります。
また、MVNO各社が提供している通話アプリを利用することで、より通話料金を抑えられることがあります。例えば楽天モバイルの「楽天でんわ」は、アプリを利用して通話するだけで通話料が半額になるサービスです。090や080などお持ちの電話番号をそのまま使え、楽天モバイルに加入していなくても利用できます。


<データ容量と格安料金には密接な関係が!月に必要なデータ容量って?>


あなたは、現在どのくらいのデータ容量で契約していて、どのくらいのデータ量を月に使用しているかを把握していますか?
データ使用量はもとより、月に使用できるデータ容量についても把握していないのであれば、まずはそれらを確認することが重要です。インターネット検索やSNSサービスの利用が主な人は、月々3GB程度の容量があれば充分でしょう。
少ない容量であれば、それだけ月額料金を抑えることもできるので、自宅や外出先ではWi-Fiを接続してデータの消費を抑えることが重要です。高速での通信では、快適にスマホを使用できるメリットがありますが、それだけデータの容量を消費することになります。そのため、mineoやDMMモバイル、IIJmioなどでは高速通信と低速通信の切替が行える専用アプリが利用できます。

MVNOによって、容量が足りなくなったときのチャージ料金もがことなるため確認しておきましょう。
例えば、100MB300円のところもあれば、100MB200円のMVNOもあります。最初から安いデータ容量で設定して、チャージ料金の方が高くなってしまっては本末転倒ですので避けたいところです。
自分が普段使用しているデータ容量を把握して、賢くMVNOのメリットを最大限に活かしましょう。

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項