格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

  • TOP
  • MVNO
  • MVNOの一番おすすめの容量はいくつ?人気の3GBでできる事を具体的に解説

MVNOの一番おすすめの容量はいくつ?人気の3GBでできる事を具体的に解説

2017年12月24日

格安SIMのサービスを提供するMVNOでは、通信容量によっていくつかのプランが設定されています。プランごとに決められた毎月の通信容量上限を超えると、通信が一気に遅くなる通信制限がかかってしまうのです。この通信容量プランの中で、標準的な通信容量としてよく選ばれているのが3GBです。しかし、3GBが少ないのか多いのか、判断に困ることもあるでしょう。こちらでは、3GBの通信容量でできることについてあげていきます。MVNOのプランを選ぶときの参考にしてください。

■通信容量3GBが標準的といわれる理由

一般的に、MVNOのプランの中で通信容量3GBのものを利用する人が多いといわれます。そのため、プラン全体の中でも標準的といえるでしょう。そして、多くの格安SIM利用者は1ヵ月に3GB程度の利用で収まっているということです。また、スマートフォン利用者全体で見ても、1ヵ月の通信容量は2GB前後の人がほとんどであるとされているのです。

 

また、格安SIMの利用料で適正と思われる金額は、およそ1,000~2,000円程度と考えている人が多いというデータもあります。MVNOが提供しているプランで音声通話付き・3GBのものはおおよそこの価格帯に合致します。こうした理由からも、3GBのプランを利用する人が多いのでしょう。

■もし3GBを超えてしまいそうなときは

上記のように、通信容量が3GBあればだいたいの操作は問題ありませんが、特に通信容量がかかる動画視聴やゲームプレイを多く行う人の場合はその限りではありません。場合によっては通信容量が月の途中で3GB以上に達してしまい、通信制限がかけられてしまうこともあるでしょう。では、通信容量が3GBを超えてしまいそうなときに、対処する方法はあるでしょうか。

 

・Wi-Fi環境を利用する

自宅にWi-Fi環境を整えておき、また外出したときにも無料でWi-Fiが利用できるスポットで通信を行えば、MVNOが提供する通信容量に影響を与えません。特に動画視聴やゲームプレイをするときは、Wi-Fi環境下で行うと決めておけば、3GBを超えることはほぼないでしょう。

 

・追加オプションを利用する

MVNOによっては、毎月追加オプションとして料金を支払うことで通信容量を追加できるサービスを提供しています。こうしたオプションを利用することで、通信制限を免れることができるでしょう。

 

・思い切って通信容量を引き上げたプランにする

もし自宅にWi-Fi環境を整えられない人などは、思い切って通信容量の上限を引き上げたプランに乗り換えるのもおすすめです。もちろん、その分利用料金も上乗せされますが、たとえば5GBに引き上げたとしてもそれほど大きな差が出るわけではありません。また、それでも大手携帯キャリアの利用料金よりも抑えられるため、お得に使えることに変わりはないでしょう。

 

 

以上のように、通信容量が月に3GBあれば、標準的な利用であれば問題ありません。特にメールやSNSなど文字中心の通信をするなら、3GBより1ランク下げたプランでも十分かもしれません。ただ、動画視聴やゲームプレイを毎日長時間行うという人で、できるだけ利用料金を抑えたいという人は、Wi-Fiを積極的に利用することをおすすめします。

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項