格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

  • TOP
  • MVNO
  • クレジットカード不要でも契約できるSIMについて

クレジットカード不要でも契約できるSIMについて

2018年03月12日

格安SIMを利用するにあたって、壁に当たることが多いのが支払い方法ではないでしょうか。多くの格安SIM提供会社(MVNO)では、支払い方法をクレジットカードに限定しています。クレジットカードを持っている人であれば問題ありませんが、持っていない場合や引き落としの明細を確認したい場合などには、クレジットカード以外の支払い方法を選びたいものです。

近年では、クレジットカード不要で契約できるMVNOも徐々に登場しています。では、クレジットカード不要で利用できる格安SIMについて見ていきましょう。

クレジットカード不要の格安SIMが増えている

たとえば大手キャリアでは、クレジットカードはもちろん口座振替やコンビニ支払いなどいくつかの選択肢から支払い方法を選ぶことができます。しかし、格安SIMに乗り換えようと考えたとき、支払い方法がクレジットカードに限られていて乗り換えをとどまったという人もいるかもしれません。このような点は不便なものであり、メリットの多い格安SIMの条件の中でも難点です。

 

しかし近年では、クレジットカード不要で支払いが可能なMVNOが増えています。それでも数あるMVNOのなかの一部とはなりますが、クレジットカード以外の支払い方法を希望している人にとってはありがたいでしょう。

 

その方法としては、口座振替やデビットカード支払いが主です。ただし、大手キャリアで利用できるようなコンビニ支払いやネットバンキングなどの支払い方法については、各MVNOではまだ対応していないのが現状です。

 

自分が利用したいと考えているMVNOが口座振替・デビットカードの支払い方法に対応しているかどうかは、公式ホームページでよく確認しておきましょう。

クレジットカード不要で利用できるメリット・デメリット

では、クレジットカード不要で口座振替やデビットカードで支払いできる格安SIMには、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか。それぞれにポイントをあげていきます。

 


  • メリット


・使いすぎを防ぐことができる

口座振替やデビットカードの支払いは、銀行口座の残高からの引き落としによって行われます。そのため、銀行口座に残っている金額しか支払うことができないことから、通信や通話を使いすぎることがなくなるのです。

 

これがクレジットカードの場合は、使いすぎたときに銀行口座に残高が足りなかったとしても、その分はクレジットカード会社が支払うことになります。その分、クレジットカード会社への負債が発生するものの、MVNOには問題なく支払いがなされるため、利用料金を抑えることが難しくなることがあるのです。

 

・クレジットカードを作る必要がない

MVNOに契約しようとするとき、そのMVNOがクレジットカード支払いにしか対応していなかった場合、新たにクレジットカードを作ったという人もいるかもしれません。このとき、手続きに何かと手間がかかるため、すぐにMVNOに乗り換えたい人にとっては困りものです。

 

しかし、銀行口座は誰でも作ることができますし、既に持っている人も多いでしょう。また銀行口座を持っていればデビットカードもすぐに作ることができ、MVNOへの契約までのタイムラグがなくなります。

 

・支払い金額がわかりやすい

口座振替やデビットカードの支払いを選べば、MVNOから支払い金額が引き落とされたことが一目で確認できます。これにより、自分がその月にどれだけ通信や通話を使ったかが把握できるわけです。

 

クレジットカード支払いの場合、引き落としの時点では明細がわからないため、クレジットカードの利用明細を確認しなければならない手間がかかります。

 

  • デメリット


・銀行口座の残高分までの利用しかできない

これは、使いすぎを防ぐにあたってのメリットとなりますが、逆に銀行口座に残高がない場合には利用を制限しなければならないという観点では、デメリットにもなりえます。

 

・MVNOの選択肢が狭まる

前述したように、口座振替やデビットカード支払いに対応しているMVNOはまだあまり多くありません。そのため、自分が利用したいプランを提供しているMVNOがあっても、そのMVNOがクレジットカード支払い限定であった場合には、利用できなくなってしまうわけです。

 

・さまざまな条件がつく

口座振替やデビットカードの支払いを利用できるMVNOでも、利用にあたって条件を設けているところが多いです。たとえば、MVNOの関連会社が提供する光回線とセットでの申し込みが必要・MVNOでの審査に通過しなければならない・データ通信専用SIMでないと使えないといったものです。

支払いにクレジットカードを用いるMVNOが多い理由

では、そもそもMVNOがクレジットカード支払いのみに限定する場合が多いのはなぜかというと、これには信用的な問題が絡んでいます。

 

クレジットカードに契約している人は信用会社の審査に通過しているわけですから、その時点で支払い能力があるとみなされます。また、クレジットカード支払いなら万が一支払いが滞っても、クレジットカード会社から支払いを受けることが可能です。

 

しかし口座振替やデビットカードの場合、銀行口座に残高がないとその分支払いが行われないことになり、MVNOが不利を被る可能性があるのです。

 

また、支払い方法を限定することで、MVNO側では処理の手間や人員を抑えることになり、コストカットが実現するのです。これが、SIMカードを格安で提供できる理由の1つとなっているでしょう。

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項