格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

複数枚数使用可能なSIM / MVNO比較

2017年10月31日

キャリアに縛られることなくSIMカードを使える「SIMフリー」

格安SIMの普及に伴い、耳にする機会が増えた「SIMフリー」。SIMフリーとは、「どんなSIMカードでも使える」という意味で、主にスマホに対して用いられる言葉だ。では、「どんなSIMカードでも使える」とはどういう意味だろうか。

 

格安SIMの普及に伴い、耳にする機会が増えた「SIMフリー」。SIMフリーとは、「どんなSIMカードでも使える」という意味で、主にスマホに対して用いられる言葉だ。では、「どんなSIMカードでも使える」とはどういう意味だろうか。

 

それを説明するうえで外せないのが、日本の特殊な携帯電話事情だ。

日本の携帯電話は、長いこと独自の進化を遂げてきた。“大陸から独立し、特殊な固有種が多く存在するガラパゴス諸島”になぞらえて「携帯電話のガラパゴス化」などと揶揄(やゆ)されるほど、世界標準とはかけ離れているのである。わかりやすいところで言えば、おサイフケータイや防水・防塵など。これは日本国内で独自に開発が進められてきた機能で、海外では普及していない(そのため日本の携帯電話は海外市場で受け入れられなかった)。

 

その他、複数枚使用可能なSIMも紹介していく。

 

【厳選】複数枚使用可能なSIM3選

1契約のみでも複数枚SIMカードを発行してくれるMVNOがあります。

このメリットとして個人で使うのであれば複数の端末(スマホ・タブレットなど)で特別な契約をすることなく同時に使用することが可能になります。

家族で分け合う場合、複数回線を契約をするよりは1契約で分け合ったほうが料金が安くすみます。ただし、複数人で使用する場合はデータ通信量が多くなりやすいので契約するプランには気をつけましょう。

<IIJmio>

ミニマムスタート・ライトスタートプランは2枚まで、ファミリーシェアプランは最大10枚。

■データSIM追加:400円/月

■ファミリーシェアは4枚目まで追加料金なし

<エキサイトモバイル>

SIM1枚コースとSIM3枚コースがあります。

■1枚コースはカード追加不可

■3枚コースであれば2枚追加できる:計5枚

■データSIM追加:390円/月

<BIGLOBE>

複数枚のSIMでデータ容量を共有できる「シェアSIM」プラン

■最大追加枚数:4枚

■データSIM追加料金:200円/月

 

【補足】キャリア側のユーザーの囲い込み

キャリアのユーザー囲い込みとは何かというと、携帯電話端末にロックをかけ、自社のSIMカード以外は使えないようにするというもの。これが「SIMロック」と言われるものだ。たとえばドコモで買った携帯・スマホにソフトバンクのSIMカードを挿しても使えない。使えるようにするためには「SIMロック解除」が必要であり、SIMロックを解除した携帯・スマホこそが「SIMフリー」なのである。

【補足】ドコモの携帯・スマホでは、ドコモのSIMしか使えない。

日本人にとって、長い間ごく当たり前のことであった。しかし、海外では、海外旅行に出かけたとき、現地でプリペイド式のSIMカードを購入し、手持ちのスマホに挿して旅先で通信するというのがポピュラーなスタイル。そのため、海外に行くことが多く、さらにモバイルに詳しい、または仕事で現地でも頻繁に通信しなければならない人にとっては、SIMフリー端末の存在は常識だったが、ようやく今、その世界標準が日本にも広まってきているのである。

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項