格安SIM・格安スマホの総まとめ【みんなの格安スマホ/SIMランキング】

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

格安スマホ/SIMランキング 格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信します!

第1位Y!mobile

月額料金
  • 1,480円
SIMのみ料金
  • 2,138円
総合満足度
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星

10分以内の通話が何回でも無料!端末代の割引キャンペーンも豊富

Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンクモバイルのサブブランドで低料金で展開しているブランドです。MVNOとは異なり、自社の回線を用いて通信サービスを提供しています。現在(2017年10月時点)全13機種ものスマホを取り扱っている品揃えの良さが特徴で、取り扱い機種もスペック的に安定しているスマホが多く安心感の高さではピカイチです。また、他のMVNOにはない10分間無料かけ放題のサービスが提供されており、頻繁に通話する人には是非ともオススメしたいブランドです。

第2位mineo

月額料金
  • 1,630円
SIMのみ料金
  • 700円
総合満足度
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星

有料オプションが少なくてシンプル!コスパ重視の方にオススメ!

mineo(マイネオ)は株式会社ケイ・オプティコムが運営し、KDDI(au)の回線網も運用しているマルチキャリアサービスを実施するMVNOです。専用アプリで発信すると国内通話料が10.8円/秒になる「mineoでんわ」サービスも開始され、格安スマホならではの「通話料の高さ」を解消しつつあります。また、10分以内の国内通話が何度でも無料となる「10分かけ放題サービス」も提供されるなど、「コスパの高さ」「パケットの柔軟な運用」「繋がりやすさ」など、ユーザーからの定評もあります。

第3位楽天モバイル

月額料金
  • 1,728円
SIMのみ料金
  • 525円
総合満足度
  • 星
  • 星
  • 星

楽天ポイントが2倍!楽天ユーザーは迷わずここを選ぶべき!

楽天モバイルは楽天グループが提供している格安SIMです。リーズナブルな料金プランと抜群の知名度で人気を集めています。最大の魅力は楽天市場との連携した一般向けのサービスが充実している点で、買物で付与されるポイントが2倍になるなど、楽天市場で買い物をする方にはオススメです。料金プランは全6通りとシンプルでわかりやすく、大手キャリアに引けをとらないハイスペックな機種も取り扱うなど、ライトユーザーからヘビーユーザーに至るまで対応できる幅広さが魅力の一つと言えます。

第4位LINEモバイル

SNSヘビーユーザーの強い味方、若者向けのMVNO

LINEモバイルはLINE株式会社が運営するMVNOです。インターネットの利用はほとんどLINEのみという方にはメリットの高いプランが用意されています。また、LINE、Twitter、Instagram、FacebookなどSNSアプリの通信量をカウントしないなど、SNSヘビーユーザー向けと言えるでしょう。

第5位UQ mobile

「格安SIMアワード」通信速度部門2年連続最優秀賞!

UQモバイル(ユーキューモバイル)は、UQコミュニケーションズ株式会社が運営するMVNOです。制限つきの高速通信プランと無制限のプランで、音声通話SIMにも対応できる全4プランがあります。特筆すべきは通信環境の信頼性が非常に高いという点で、「格安SIMアワード」の通信速度部門でも2015年・2016年と2年連続で最優秀賞に輝いています。

SIM、スマホ、MVNOに関する最新コンテンツ

  • サブブランドの格安SIMは優遇されている!? 検討会でMVNO格差の解消に期待!

    速度調査で1、2位を争うサブブランドの高水準の裏には優遇の噂が?】   ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリア(=MNO)から卸してもらった通信回線を用いて、格安SIMを提供する事業者のことを「MVNO」という。MNOが持っている回線の“一部”を借りて提供しているため、音声品質、とりわけ通信速度の面ではMNOより劣っているのが通例だ。 (さらに…)

  • 格安スマホに移行するならAndroidとiPhoneどちらを選ぶべき?

    格安スマホへの移行と同時に、スマホも買い替えようという方は多いでしょう。そんなとき、まず分かれ道となるのがAndroidにするかiPhoneにするかです。どちらもよく競合し、甲乙つけがたいのが現状ではないでしょうか。そこでここでは、格安スマホに移行するときにAndroidとiPhoneのどちらを選ぶべきかについてお話します。

  • 楽天やIIJに新たな動き! 格安SIMは今後どうなる?

    2019年にMVNO「楽天モバイル」が 4のキャリアになる!


    2017年12月14日、楽天が移動体通信事業(キャリア・MNO)を開始する方針を発表した。楽天といえばネット通販サイトの最大手。すでに「楽天モバイル」ブランドで格安SIM事業を行っているが、今後はドコモやauのような携帯電話キャリアに参入するという。これが実現すれば国内4番目のキャリアが誕生することになる。 (さらに…)

  • iPhone Xの購入と同時に格安スマホへ移行したい!iPhone XでMVNOを導入する手順

    最新のiPhoneといえば、2017年11月初旬に発売されたiPhone Xです。すでに使い始めている人が間違いなく買ってよかったと断言していることから、買い替えを検討している人もいるでしょう。しかし、iPhone XはこれまでのiPhoneよりも少し高め。そのため、格安スマホに移行して賢く倹約しつつiPhone生活を満喫したいところです。そこでここでは、iPhone XでMVNOを導入する手順について紹介します。

SIMカードとは?

誰しも一度は耳にしたことがあるSIMカード。何となくわかるけど、あまり詳しく把握していないという方も多いのではないでしょうか?SIMカードとは、スマートフォンや携帯電話を使って通信するために必要となる小さなカードのことです。カードにはそれぞれID番号が振られており、端末に装着することで各端末が特定できるようになります。要するにSIMカードとはスマートフォンや携帯電話にとって身分証明書のようなものと思えばいいでしょう。

格安SIMとは?

格安SIMとは、MVNOと呼ばれる通信会社によって販売されているカードのことです。このSIMをスマートフォンや携帯電話に使用することで、大手キャリアが提供する一般的なSIMの価格よりも大幅にリーズナブルな月額料金で通話やデータ通信が利用できるようになります。データ料金がキャリアよりも安いかわりに、通話料金が別建てというプランが多いことが特徴で、普段、あまり通話をしない人であれば、月額料金が1,000円以下から使用可能となります。

格安スマホとは?

格安スマホとは、その名の通り格安で使えるスマホのことを指します。大手キャリアの料金に比べると、使い方次第では月額料金が最大3分の1程度に減らせる可能性あります。この格安スマホを使用するには、MVNOが取り扱う格安SIMとスマホ端末を用意する必要があります。これら格安スマホを取り扱うMVNOはドコモの回線を使用していることが多く、ドコモの端末であれば使える可能性が高いです。

格安SIMへの変更で整理すべきこと

MVNOは「仮想移動体通信事業者」と呼ばれ、MNO「移動体通信事業者」から通信帯域を借りている通信事業者となります。現在、2社を除いて全てドコモの回線を借りて格安SIMを販売しています。そのためドコモが最近販売した端末であれば、ほぼ格安SIMが利用できますが、逆にそれ以外の端末は使えない場合もあるので要注意です。また、キャリアメールが使えないのに加えキャリアが提供するWi-Fiサービスも利用できません。

SIMロックやSIMフリーって何?

大手キャリアで販売しているスマートフォンなどの端末は各社で採用する通信規格や周波数帯が異なり、SIMカードも利用制限がされています。これが「SIMロック」状態です。この利用制限を解除することを「SIMロック解除」、最初からSIMロックされていない端末を「SIMフリー端末」と呼びます。SIMロック解除された端末やSIMフリー端末なら、ほとんどの格安SIMが使用できるようになっています。

当サイトについて

「みんなの格安スマホ/SIMランキング」は格安SIMやMVNOにまつわる便利な情報、役立つ情報を発信するサイトです。

免責事項